技術情報部会のページへ戻る

『準天頂衛星「みちびき」が拓く未来社会』

2017年10月、4機目の準天頂衛星「みちびき」が見事に打ち上げられました。 2018年には4機体制での本格活用が始まる見込みです。

「みちびき」は日本独自の測位衛星システムとして、災害に強い未来社会の実現にとって必須の社会基盤技術とされ、今後の活用展開が期待されています。

土木分野でも急速にICT技術が進展中であり、高精度の測位が可能な「みちびき」が、これらの技術をけん引する力強いインフラとして今後社会に広く実装されていくと予想されています。

「みちびき」とはどんな技術か、どんなことができるようになるのか、どうすれば利用できるのか、活用普及にあたっての課題はどこか等々、皆様にも様々な関心事があるのではないでしょか。

今回、これらの問題に取り込んでおられる4名の講師をお招きし、講演していただきます。

本講習会が多くの皆様のお役に立てば幸いです。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

1. 主催 土木学会関東支部
2. 期日 2018年5月31日(木) 13:30~16:50(13:00から受付開始)
3. 場所 土木学会本部2階大講堂(JR中央線四ツ谷駅下車四谷口徒歩5分)
〒160-0004 新宿区四谷1丁目無番地(外濠公園内)
4. プログラム
13:30-13:35 開会挨拶 技術情報部会主査
13:35-14:20(45分) 準天頂衛星システム『みちびき』の最新動向と利活用動向
内閣府宇宙開発戦略推進事務局 準天頂衛星システム戦略室
坂部 真一
14:20-15:20(60分) 「みちびき」がもたらすビジネスや社会への波及効果
一般財団法人 衛星測位利用推進センター
三神 泉
15:20-15:30(10分) 休憩10分
15:30-16:15(45分) 「みちびき」対応センチメートル級多周波マルチGNSS受信機
マゼランシステムズジャパン株式会社
岸本 信弘
16:15-16:45(30分) プラント現場への測位衛星システムの活用事例
千代⽥化⼯建設株式会社
永瀬 睦
16:45-16:50 閉会の挨拶
*プログラムは変更になる場合がございます。
5.会費 正会員2,000円 非会員3,000円 学生1,000円
(消費税込み,正会員は個人会員及び法人会員)
6.定員 120名(定員になり次第締め切ります)
7. 申込方法 参加ご希望の方は、申込書をダウンロ-ドしてご記入の上、メールにてお申し込み下さい。
申込書ダウンロード 土木学会関東支部 HP(トピック-講習会)
http://www.jsce.or.jp/
8. 申込先

土木学会関東支部 160-0017 新宿区左門町6-17 YSKビル5F
TEL:03-3358-6620 FAX:03-3358-6623
担当:関東支部事務局 高野(e-mail:kanto@jsce.or.jp)