・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2012年(平成23年度) IIグループ

いきものを利用した都市インフラの緑地管理手法の研究

A Study on the Greenspace Management of Urban Infrastructure Using Animals

いきものを利用した都市インフラの緑地管理手法の研究

  • 鹿島建設株式会社 環境本部
  • Environment Division, Kajima Corp.
概要Summary
都市インフラに付属する緩衝緑地は、一般的には人手による機械除草により維持管理されているものの、コスト削減などにより除草頻度が不足している場合も少なくない。不十分な除草により外来種が繁茂し、生物多様性が低下するような状況が懸念されている。
本研究では、機械除草に代替する低環境負荷の維持管理技術を確立するために、ヤギや烏骨鶏などの生き物を緑地の除草に導入し、生き物の維持管理手法の検討と除草効果の定量的評価を実施した。また、在来種の多年生草本の被度や草高が上昇するなど、緑地の質的な変化や、生き物との触合いの創出などが住民に好ましい影響を与えうることを確認できた点も評価された。
Greenspaces attached to urban infrastructures are often maintained and managed by mechanical mowing. In many cases, the frequency of the mowing is insufficient due to cut down of management costs, therefore, leads to an infestation of invasive species and the degradation of biodiversity. This study examines the management technology and weeding performance by urban grazing goats and chickens which have a lower impact on the environment compared to mechanical mowing. Increases in the abundance of native perennials and the potential for raising public environmental awareness are highly evaluated.
PDF

<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>