MENU
委員会トップ
委員会の概要
委員一覧
活動報告
土木学会論文集A2特集号
応用力学シンポジウム
小委員会
応用力学フォーラム
応用力学講演会
応用力学 Wikipedia
各賞歴代受賞者

土木学会論文集A2分冊(応用力学)特集号
修正原稿新旧対照表
土木学会応用力学委員会 応用力学論文集編集小委員会

 査読者からの修正依頼があった場合に「修正原稿」とともに提出する「新旧対照表」を以下のような形式で作成し, 「投稿者専用WEBページ」からアップロードして下さい. 編集委員および査読者による修正原稿の確認を容易にするために, この「新旧対照表」には各修正意見に対する「回答」と修正箇所(頁・行)だけでなく, できる限り「修正意見(あるいはその要約)」も添えて下さい

※※※ 査読者記号 A: 編集小委員会が付けた記号を引用

  1. 【修正意見】 (要旨で構いません) ○ページの右□行目の「××は△△である」の△△は◎◎の間違い
    【回答】    指示に従い,修正しました.
  2. 【修正意見】 (要旨で構いません) ○○の論理は〜〜〜という理由で間違っているのでOOOのように修正されたい.
    【回答】    ○○の論理そのものには,これこれしかじかの矛盾と非合理性があり, 我々はその考えを引き継ぐ積もりはないし,それと独立に研究を進めてきている.既にその後のいくつかの論文では,考え方そのものを否定しているものが多々存在する.ただし,アイデアとしてはパイオニア的なものであるのは否定できないので,参考文献に載せた上で,次のようなコメントを p.2 左段式 (1) の 2 行下の「・・である.」の次に付記した.
    『この式が意味するものと等価な云々・・・』
  3. 【修正意見】 (要旨で構いません) 図?中の記号の定義が判別できない.
    【回答】    式 (2) の次に,図中の記号の定義を列挙した.図はソフトウェアのバージョンとプリンタとを変えて出力し直した.
※※※ 査読者記号 B: 編集小委員会が付けた記号を引用
  1. 【修正意見】 ・・・・・・・・
    【回答】    このご意見には誤解があって...
  2. 【修正意見】 ・・・・・・・・
    【回答】    査読者Aの2番目と同じ趣旨なので,上に回答した通り加筆した.
※※※ 査読者記号 C: 編集小委員会が付けた記号を引用
  1. 【修正意見】 ・・・・・・・・
    【回答】    ご指摘の参考文献については,著者の記入漏れであるため,リストに加えた.
  2. 【修正意見】 ・・・・・・・・
    【回答】    ご指摘の通りであるが,これについては....