MENU
委員会トップ
委員会の概要
委員一覧
活動報告
土木学会論文集A2特集号
応用力学シンポジウム
小委員会
応用力学フォーラム
応用力学講演会
応用力学 Wikipedia
各賞歴代受賞者

土木学会論文集A2分冊(応用力学)特集号 
注)2014年より,査読論文の様式が土木学会論文集通常号の様式に準拠するものに変更されました.
注)2014年より,査読論文の投稿時期がシンポジウム終了後に変更されました.
注)2011年より,応用力学論文集は土木学会論文集A2分冊(応用力学)特集号となりました.

土木学会応用力学委員会 論文集編集小委員会

 本特集号の目的や 対象等については投稿要領に 記載してありますが, 土木を問わず工学全般の基盤的学問 (土木工学の基礎体力[土木学会誌 Vol.85-8 特集より])を 対象とした研究 の発表の場と考えております. そのため,投稿の際に土木学会会員資格を必要としません.ただし,論文の投稿受付に先立って開催される 応用力学シンポジウム(5月中旬)で 研究発表および質疑への対応(討議)をしていただくことを投稿の条件とします.
 本特集号のおおよその編集日程は,論文投稿締切が6月中旬, 査読者による審査締切は 8月中旬です. 9月上旬に開催される論文集編集小委員会を経て登載に関する判定が行われます. 修正依頼がある論文は,修正原稿を10月下旬に投稿していただき,論文集編集小委員会を経て最終的な登載の可否判定を行います. 本論文集はJ-Stageにて公開されますが,閲覧するには土木学会論文集を定期購読していただく必要がありますので,ご注意ください.
 それぞれの研究対象に沿って 部門分けをして論文募集をしています. 個々の論文の投稿部門は同年に開催された応用力学シンポジウムでの講演申込部門とします. ご不明な点がございましたら,各部門の主査,または下記連絡先にお問い合わせください.
 また査読に際しては 査読要領に記載されているような方針でお願いしております. 投稿する論文が本論文集の趣旨に適しているかどうかをご判断の上,ご投稿ください.

※ 現在までに刊行された論文集・特集号に掲載された論文は次のサイトからご確認頂けます.

  • Vol. 1 (1998) - Vol. 13 (2010): 土木学会学術論文等公開ページ
  • Vol. 1 (1998) - Vol. 11 (2008): J-STAGE「応用力学論文集」
  • Vol. 14 (2011) 以降: J-STAGE「土木学会論文集A2(応用力学)」

    ※ 題目や概要・キーワード部分だけでの 論文検索(土木図書館委員会)もできます. ただし,著者がメイルで概要部分を送付してくださったものだけが,現在は置かれています.

  • 本特集号は,1年に1回論文の投稿を募集します. ただし,論文の投稿は,同年に開催された応用力学シンポジウム(若手ワークショップも含む)において研究成果を発表したもののみ,1講演(ポスター発表も含む)につき1件を受け付けます
  • 本特集号における論文の投稿,査読結果閲覧,修正原稿の投稿などはすべて論文投稿者専用のWEBページを通して行います. また,事務局および主査・副査からのほとんどの連絡・依頼などは電子メールにより行います.あらかじめご了承下さい.
  • 論文の提出締切や登載可になった場合の修正原稿の投稿締切, さらに最終的な掲載諾否の決定時期などの詳細についてはすべて,投稿要領に記載されています.必ず目を通してください.
  • 投稿部門は,同年に開催された応用力学シンポジウムの講演申込部門と同一とします. 投稿各部門の概要およびキーワードは,投稿要領からご確認いただけます.
  • 論文の執筆に際しては執筆要領にしたがってご用意下さい.
  • 査読者には査読要領にしたがって査読して頂きます.

     本特集号に関するお問い合わせは,下記宛にお願いします.

      〒160-0004東京都新宿区四谷一丁目無番地
      土木学会事務局応用力学委員会論文集編集小委員会
      (土木学会事務局,担当:橋本 剛志)
      【電子メール】 JAM_EditOffice@J.O.J
      (メール送信時は,[@J.O.J] → 半角[@jsce.or.jp]に変更して下さい.)