MENU
委員会トップ
委員会の概要
委員一覧
活動報告
土木学会論文集A2特集号
応用力学シンポジウム
小委員会
応用力学フォーラム
応用力学講演会
応用力学 Wikipedia
各賞歴代受賞者

土木学会論文集A2分冊(応用力学)特集号
原稿投稿・最終原稿提出時チェックリスト
土木学会応用力学委員会 応用力学論文集編集小委員会

 提出されるPDFファイルを元にした版下製本の性質上,次のリストを確認してください.全項目が是でない場合には,論文は査読前に事務的に返却されます.

■ タイトル周辺と最後の頁
 和文論文では,1頁目冒頭に「題目,著者名,所属,連絡先住所,E-mail,概要,キーワード」が横一段組みで記載されている.ここで,E-mail とキーワード以外は日本語,キーワードは英語である. また論文最後の頁には,「英文題目、著者英語表記、英文概要」が横一段組で記載されている.
 英文論文では,1頁目冒頭に「題目,著者名,所属,連絡先住所,E-mail,概要、キーワード」が英語にて横一段組みで記載されている.

■ 章建て
 節は1., 2.で、小節は順に(1), (2)となり,項は片括弧付きアルファベットを付け,順に a), b) となっている.項以下の節タイトルは用いていない.

■ 頁番号
最初の投稿時には,頁番号を用紙の下方に付けることとする.ただし,査読完了後の修正原稿,再修正原稿など最終原稿提出となる原稿には頁番号を付けない

■ 図表キャプション
 和文なら「図--1」や「表--2」等と,番号とダッシュで結んであり,英文なら`Fig. 3'や`Table 5'のようになっている.番号は出現順,キャプションは,和文論文では日本語,英文論文では英語になっている.

■ 図表中言語
 本文と同じ言語になっている.

■ 図・写真カラーページ
 もともとカラーの図や写真をグレースケールに変換して論文に載せた場合,色調がきちんと判別できる.

■ 式
 引用する式は,出現順に(1), (2)となっている.

■ 参考文献
 リストは論文末に,片括弧数字で1), 2)の見出しを論文出現順に付け並べてある.文中での引用は,その数字を上添え字片括弧数字で明記してある.

■ 文献情報
 論文の場合は,著者:題目,論文集名か書名,必要なら括弧付きで編集者,巻号,頁,年.書籍の場合は,編著者:題目,必要なら総合題目,出版社,必要なら頁,年.となっている.

■ 最後の頁
 左右段のバランスを適切に取ってあり,受付年月日を最終行に明記してある.

■ 投稿時の論文・著者情報
 投稿者専用ページにおいて論文・著者に関する必要事項がすべて書き込んである.