公益社団法人土木学会


平成16年度認定
函館港改良施設群
船入澗防波堤、第1号乾ドック

函館市 竣工年:(船入澗防波堤)1899(明治32)年、(第1号乾ドック)1903(明治36)年
北海道港湾修築の嚆矢的構造物群で最初期の港湾コンクリート。廣井勇設計のコンクリートブロック基礎の船入澗防波堤やコンクリートブロック造乾ドック

 函館の西部地区の奥まった地点に明治期に整備された旧函館港(現函館漁港)があります。ここはわが国初の貿易港として、また北洋漁業の基地として函館の繁栄と共に歩んできました。
 コンクリートブロックを基礎とした石積みの船入澗防波堤は、廣井勇博士設計監督によるもので小樽港北防波堤の1年前の仕事でした。第1号乾ドックも明治期の函館港の基盤施設として整備されたもので、ともに北海道の港湾修築の先駆的構造物であり、100年以上経過した今でも地域の産業活動を支える施設として現役活用されています。


函館漁港船入澗防波堤(修復前)

函館漁港船入澗防波堤(修復後)

函館港第一号乾ドック

※画像をクリックすることで拡大してご覧いただけます。


北海道選奨土木遺産カード : No.7 函館港改良施設群

選奨土木遺産マップ


・第1号乾ドックへの立ち入りはできません