公益社団法人土木学会

組織紹介組織紹介

土木学会 北海道支部


土木学会北海道支部 支部長挨拶
土木学会北海道支部 支部長挨拶/土井 勝雄


 このたび、令和3年度土木学会北海道支部の支部長を務めることとなりました札幌市手稲区長の土井でございます。前任の島村支部長の後を引き継ぎ、土木学会の更なる発展のために微力ながら務めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 さて、昨年から世界を席巻している新型コロナウィルスの影響は未だに猛威を振るっており、ここ札幌も感染者数の増加に歯止めがかからない状況です。また、昨今の激甚化や頻繁化する豪雨災害をはじめ、巨大地震や津波はまさに以前映画で観たシーンそのものであり、大規模被害がいつどこで起こってもおかしくない時代に直面しています。
 しかしながら、こうしたパンデミックや自然災害といった脅威の中でも、現場に近い最前線で国民の安全・安心な日常を支えるべく、社会インフラの整備・維持を担うという高い使命感、そして次代へつなげる新技術の開発に向けた飽くなき努力と情熱。こんな世の中だからこそ、土木技術者としての魂が一層掻き立てられるのかもしれません。
 現在、コロナ禍という大変過酷な状況下にありますが、北海道支部として、ウィズコロナの時代における新たな生活様式を念頭に入れながら、メイン行事である「年次技術発表会」のほか、一般の皆様にも広く土木をしってもらうための「映画会」や「現場めぐりバスツアー」など、工夫を凝らし取り組んでまいりたいと考えております。
 また、今後の土木を支える若い世代をターゲットにした「VISIT(職場訪問)」や「若手技術者交流サロン」等も実施し、次世代を担う学生や若手技術者の掘り起こしと育成に取り組んでまいりたいと思います。
 こうした活動を積み重ねながら、今後の支部活動の更なる活性化と北海道の発展に寄与すべく、土木技術者の端くれとして精一杯、支部長の職を務めてまいる所存でありますので、皆様方の変わらぬお力添えを賜りますようお願い申し上げます。


組織図