・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
   環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2010年(平成21年度) Iグループ

生物多様性を守る高速道路の地域性苗木による緑化
〜郷土の種子から森を創るシステム開発と実用化〜

Landscape in expressway using of indigenous seedlings for conservation of biodiversity

生物多様性を守る高速道路の地域性苗木による緑化<br>〜郷土の種子から森を創るシステム開発と実用化〜

  • (株)高速道路総合技術研究所,(株)高速道路総合技術研究所 緑化技術センター
  • Nippon Expressway Research Institute Co., Ltd., Greening Technology Center , NERI
概要Summary
高速道路におけるのり面の緑化は,周辺の自然植生への影響を考慮すると,その地域に自生する植物を使用することが望ましい. ただし,地域性苗木の使用には,種子採取・保存,発芽,育苗,植樹のノウハウが無いなどの課題があった.
本プロジェクトでは,建設予定地における種子採取に関したマニュアルを整備し,その発芽促進方法を確立し,さらに種子採取・苗木育成・植栽の一連のシステムを構築・適用して,移入種による遺伝子の攪乱を防ぐなどの生物多様性の保全に貢献した.本システムの種子採取・植栽においては,地域住民の積極的な参加につながるなど,地域連携や環境教育に寄与するものである.
When an expressway is planned for an area of significant natural beauty, roadside banks is regarded as an important place to measure for conservation and to minimize the impact, conservation of flora and fauna.
Landscape in expressway using of indigenous seedlings is developed as a practical system of regional nursery that consisted seed, nurture seedlings and vegetation of bank. Indigenous seedlings are grown using seeds of trees local to the area. This approach promotes biodiversity by maintaining local flora at the genetic level.
The seeds collection and planting seedlings contribute to regional alliances and environmental education as leading to the active participation of community residents.
PDF

   環境賞一覧に戻る    next >>