土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 道路交通需要予測の理論と適用 第I編 利用者均衡配分の適用に向けて

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P407
ISBN4-8106-0407-1
編集土木計画学研究委員会
交通需要予測技術検討小委員会
発行年月2003/8
版型:頁数A4判,194ページ ,並製本
重量622g
本体価格\1,200
税込定価\1,320
会員特価\1,190
送料\570
 [目次]   [正誤表]



 道路交通需要予測については,四段階推計法を中心として様々な方法論が提案され,我が国の交通計画に適用されてきました.
 しかし,交通計画の立案や事業実施に対し,客観性や透明性を持った説明がより強く求められるようになってきています.特に交通計画の重要な基礎的情報を提供する交通需要予測については,これまでにも増して予測方法に対する論理性が求められています.
 本書では,このような背景を踏まえ,道路交通の利用者均衡配分手法をはじめとする需要予測手法について,より発展的な解説書としてとりまとめました.理論と適用からわかりやすく示しており,交通計画に関わるすべての実務者の方が活用できる有益な内容となっています.


この書籍はご注文いただけません。価格は販売当時のものです。
  [前のページに戻る]