・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2015年(平成26年度) IIグループ

環境に配慮した国内最大の被覆型最終処分場エコパークかごしまの建設

Construction of Japan’s largest covered final landfill site “Eco-park Kagoshima” that is friendly to the environment.

環境に配慮した国内最大の被覆型最終処分場エコパークかごしまの建設

  • 大成建設(株)、クボタ環境サービス(株)
  • TAISEI Corp. KUBOTA Environmental Service Co.,Ltd.
概要Summary
本事業は、被覆施設を備えた国内最大の最終処分場で、弱点となる遮水工貫通部を少なくする設計、被覆による廃棄物飛散の防止、内部貯留水を発生させない構造、廃棄物の前処理による安定化、埋め立てガスの排気による埋立地全体の早期安定化など、環境配慮ための多様な技術が導入された。特に、埋め立て廃棄物の安定化促進技術を取り入れた点、区間単位でのモニタリングや管理が可能である点、多重遮水構造を採用した点が特徴である。さらに、オープン型処分場よりも低いライフサイクルコストを実現し、環境配慮と採算性を両立する先駆的な成功事例となった。以上のことから、土木学会環境賞の授賞に相応しいものと判断された。 In this project, diverse environmental techniques were deployed in Japan’s largest covered final landfill site such as designing for minimizing sections penetrating the liner system, preventing waste scatter by covering, preventing the internal leachate retention, stabilizing waste by preliminary processing, stabilizing early the landfill through landfill gas ventilation. The characteristics include the adoption of technique for stabilizing landfill waste, section-based monitoring and management, and the use of a multiple liner system. Life-cycle cost was held below that at opentype landfill sites. The project turned out to be a pioneering best practice as an environmentally friendly and economically feasible case.
PDF

<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>