・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2015年(平成26年度) IIグループ

リサイクル率98%を達成する「災害廃棄物処理スマート・リサイクル・システム」の開発と実用化

“Smart Recycling System of Disaster Waste”

リサイクル率98%を達成する「災害廃棄物処理スマート・リサイクル・システム」の開発と実用化

  • 清水建設(株)
  • SHIMIZU Corp.
概要Summary
本プロジェクトは、東日本大震災で発生した災害廃棄物等の早期除去を目的として、廃棄物の各段階処理システムとその排熱利用システムから成る「災害廃棄物処理スマート・リサイクル・システム」を開発し、実務適用においてリサイクル率98%を達成した取り組みである。宮城県災害廃棄物処理業務では、多段階選別、土壌洗浄、焼却灰等の造粒砕石等により、12ヶ月間で総処理量644千tに対し最終処分量が16千tとなり、格段に高いリサイクル率98%を達成した。これは、被災地の復興のみならず頻発する大規模災害復旧にも大きく貢献する事例である。以上のことから、本プロジェクトは土木学会環境賞の授賞に相応しいものと判断された。 The purpose of the project is to quickly reduce the disaster waste caused by the Great East Japan Earthquake. The“ Smart recycling system of disaster waste” is developed and practically used in the actual disaster waste disposal project in Miyagi prefecture leading to the dynamic recycles of 98% . The system consists of the several subsystems such as the disaster waste multistage disposal system, granulation system using the soil, ash and cement, and waste heat usage system. Due to the application of the system, the total volume of 644 thousands ton disaster waste has been reduced to 16 thousands ton during 12 months. This system will contribute to the rapid recovery of the disaster area and environmental conservation.
PDF

<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>