・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2012年(平成23年度) Iグループ

マリンピア沖洲第2期事業におけるルイスハンミョウのミティゲーション

Mitigation for the E ndangerd Tigger Beetle Cicindela Lewisi on the Second Marinpia Okinosu Project

マリンピア沖洲第2期事業におけるルイスハンミョウのミティゲーション

  • 徳島県,沖洲海浜楽しむ会
  • TOKUSHIMA Prefecture Government and Okinosu Kaihin Tanoshimu Kai (The Okinosu Beach Environment Conservation Group)
概要Summary
本事業は,マリンピア沖洲第2期事業(道路・港湾整備,徳島県)の実施おいて,埋め立てられる沖洲海岸に生息するルイスハンミョウ(絶滅危惧種)の生息場を代償するために実施された環境保全活動である。ルイスハンミョウの生息環境が人工海浜に再現され,沖洲海岸からの誘導路も整備することで,人工海浜におけるルイスハンミョウの定着を成功させた。さらに,その後も住民参加型の生態系保全活動や環境教育などの取り組みが継続されており,野生生物の生息場のミティゲーションに留まらず,地域環境の整備を住民と一体的に成功させた事業として高く評価できる。以上のことから,土木学会環境賞の受賞に相応しいものと判断された. A sandy shore was created for conservation of the endangered tiger beetle Cicindela Lewisi on the urbanized coast of Tokushima Prefecture. For closely mimicking conditions of their original habitats, the direct transplantation of coastal vegetation and surface soil from their native coast was conducted. Soon after the completion of the shore, new recruits of the tiger beetle was found and their numbers have been increasing , suggesting that this mitigation has succeeded on this stage. Moreover, to raise local people's awareness of the coastal ecosystem, educational programs have been carried out in cooperation with Okinosu Kaihin Tanoshimu Kai, enjoining the Okinosu shore.
PDF

環境賞一覧に戻る    next >>