・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2008年(平成19年度) Iグループ

地下鉄営業線内における石綿除去

Safe Asbestos Removal Operation from Subway Tunnel Walls

地下鉄営業線内における石綿除去

  • 東京地下鉄(株),大成建設(株), パシフィックコンサルタンツ(株)
  • Tokyo Metro Co., Ltd.; TAISEI Corp.; Pacific Consultants Co., Ltd.
概要Summary
石綿による健康被害が顕在化し、その取扱に関する各法律が改正された。東京地下鉄(株)は、平成17年7月地下鉄駅を含む全施設で石綿の使用状況を調査し、これの恒久的な曝露防止を図り旅客の安心・安全を確保するとの考えから、列車走行音の緩和を目的に石綿が使用されていたトンネルと換気口部の除去工事を実施した。本プロジェクトの特徴は、夜間の列車運行停止中(3時間)という限られた時間で、かつ狭隘な作業スペースに対応できるとともに、石綿の飛散を確実に防止できる「除去専用台車」を開発し、列車運行に支障することなく、また安全な労働環境を確保しながら除去を行ったことである。これにより将来的な旅客への被曝リスクを無くすることができ、また騒音対策はより性能の優れた吸音パネルに取り替えることで改善を図った。 Asbestos-related health problems have been recognized, and asbestos codes have been amended. In July 2005, Tokyo Metro Co., Ltd. made investigations into asbestos use by inspecting all of their facilities including subway stations. They found that asbestos was used in some areas in subway tunnels and on the walls of air-intakes to reduce train noise. In this project, a full-equipped automatic vehicle with all necessary machines and fittings was developed. That vehicle facilitated a safe and efficient asbestos removal operation in the limited space of the tunnels without disturbing train service.
PDF

<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>