土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 複合構造レポート18 根拠に基づく構造性能評価のための点検・解析の技術体系を目指して-点検を目的とした維持管理へ導かれた技術者へのメッセージ-

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P1028
ISBN978-4-8106-1028-4
編集 複合構造委員会 複合構造物の構造検査と
性能評価に関する研究小委員会
発行年月2022/3
版型:頁数A4判,208ページ ,並製本
重量625g
本体価格\2,300
税込定価\2,530
会員特価\2,280
送料\570
 [目次]  


-構造性能評価における点検と解析の協働はどうあるべきか?-

既存構造物の性能評価は主として材料劣化の観点で判断され,一般に安全側の評価を与えるものの合理化の余地が残されている.即ち,構造性能に着目して劣化の影響を定量化することが必要不可欠である.一方で,近年膨大に得られる点検データは構造物の「症状」を表すものから性能評価モデルの「入力」となるものまで幅広く,また,要求性能の満足度を間接的に表すとするものが大多数である.性能評価の信頼性はそれらを用いて判断する技術力に左右されている.本書は,構造物の定量的な性能評価を今後進展させるために,点検・解析と性能評価の関係について,現状を確認して今後の課題を示し,ブラインド部材性能評価の実施で得られた知見に基づいて,根拠に基づいた体系への今後の方向を提案するものである.

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]