土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 噴火災害に備えて〜火山工学の視点から避難等の対応を分かりやすく解説〜

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P1022
ISBN978-4-8106-1022-2
編集地盤工学委員会 火山工学研究小委員会
発行年月2022/2
版型:頁数B5判,55ページ ,並製本
重量191g
本体価格\1,200
税込定価\1,320
会員特価\1,190
送料\570
 [目次]  


 噴火と避難。火山防災の中でも最も大事なテーマを火山工学の視点から、分かりやすく解説しています。
 2014 年の御嶽山噴火では、火口周辺で多数の死者・負傷者が発生しました。その後も、口永良部島(2015 年)、本白根山(2018 年)と噴火が続き、危険からいかに安全を確保し行動するか、噴火における避難の重要性が再認識されました。
 そこで、火山地域にお住いの人たち、登山や観光で訪れる人たちに、火山のことや避難など火山防災への理解をよりいっそう深めていただこうとの思いで本書を刊行しました。写真や実例をふんだんに取り入れ、興味深く読んでいただける図書になっています。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]