土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 舗装工学ライブラリー16 コンクリート舗装の設計・施工・維持管理の最前線

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P917
ISBN978-4-8106-0917-2
編集舗装工学委員会
コンクリート舗装小委員会
発行年月2017/9
版型:頁数A4判,326ページ ,並製本
重量995g
本体価格\3,900
税込定価\4,290
会員特価\3,870
送料\570
 [目次]  


 諸外国では重交通路線を中心にコンクリート舗装が使われ、アスファルト舗装とコンクリート舗装のそれぞれの長所を生かしながらバランスのよい使用形態となっています。しかし、わが国では大部分がアスファルト舗装であり、このままではコンクリート舗装技術が失われてしまうという危機感がありました。そのような背景から、コンクリート舗装の拡大に向けたキャンペーンが展開され、コンクリート舗装が改めて見直されつつあります。
 本書では、2007年度〜2010年度までの活動成果をとりまとめた1期委員会報告を受けて、2012年度〜2015年度まで活動してきた2期委員会の活動成果、および今後の課題を、第T編設計編、第U編材料・施工編および第V編供用性・維持管理編、として取りまとめたものです。本書が、わが国のコンクリート舗装技術を次世代に引き継ぎ、さらに進化させていく手助けになることを期待しています。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]