・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2011年(平成22年度) Iグループ

首都高速さいたま新都心線見沼田圃地区におけるビオトープの整備・育成・管理

Preparation ,promotion and management of minuma-tambo biotope at saitama new urban center Line of the Metropolitan Expressway.

首都高速さいたま新都心線見沼田圃地区におけるビオトープの整備・育成・管理<br>

  • 首都高速道路(株)
  • Metropolitan Expressway Co.,Ltd.
概要Summary
平成18年8月に開通した首都高速さいたま新都心線は,埼玉県川口市からさいたま市にまたがる環境保全区域の見沼田圃上に高架橋で建設された.この高架下に池沼,草地,樹林の3タイプのビオトープを整備し,当地域に元来存在する植生および生物多様性の保全・管理を行っている.地域本来のビオトープの保全・再生を専門家,地域のNGO等による検討意見を踏まえ,モニタリングに基づく順応的な整備・育成・管理に取り組んだモデル的事例である.本プロジェクトは,高架下という特殊な条件下にビオトープ形成という生物多様性を創出した点,また,地域と協働した順応的管理のモデル事業として他のビオトープ実施に影響を及ぼすことが評価できる. Saitama new urban center line of the metropolitan expressway opened operation on august, 2006, was building in the form of an elevated highway in minuma-tanbo wetlands. metropolitan expressway Co.,Ltd. was created the 3 types of biotope (marsh, grassland, forest) under the expressway, conservation of biodiversity and it management. This project plan to hear the views of experts and local NGO, work on adaptive management based on the results of a monitoring system. It is evaluated that advanced case was conserved biodiversity in a special place of under the elevated and collaborate with minuma tambo area.
PDF

<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>