■ 第65回理論応用力学講演会・第22回土木学会応用力学シンポジウム ■

■ The 65th National Congress of Theoretical and Applied Mechanics ■
■ The 22nd JSCE Applied Mechanics Symposium ■


概要    講演申込   スケジュール   参加・講演案内    出版物    懇親会    お問い合わせ

特別講演   パネルディスカッション   オーガナイズドセッション   一般セッション


【重要】講演会開催日の変更のお知らせ
 第65回理論応用力学講演会/第22回土木学会応用力学シンポジウムに関し、 既にご案内しております開催日が人気アイドルグループの札幌ドームコンサートの日程と重複することが判明いたしました。 コンサートの日程発表(2018年12月下旬)後、 2019年1月時点で札幌市内の宿泊先の事前確保が非常に困難な状況になっており、 今後、航空便をはじめとする交通機関の混雑も予想されております。

 そのため、開催日を2019年6月28日(金)〜30日(日)の3日間に変更させていただきます。

 ご参加を計画されている皆様をはじめ、 多方面の多くの皆様に対しまして、多大なるご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
 上記の事情をご賢察いただき、日程の変更についてご理解賜りたく、お願い申し上げます。

 運営委員会、セッションオーガナイザー、および開催校の現地スタッフ一同、 多数の講演発表のもと、札幌で皆様にお会いできること、心よりお待ち申し上げております。

           日本学術会議 機械工学委員会、土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会 委員長 菱田公一(慶應義塾大学)
           第65回理論応用力学講演会 運営委員会 委員長 泉 典洋(北海道大学)


■ お知らせ ■
2019年3月14日:【重要】講演申込締切を3月26日(火)まで延長します。多数のお申込みをお待ちしております。
2019年2月1日:講演申込を開始しました.締切は3月18日(月)です。
2019年1月27日:講演申込を2月1日より開始する予定です。
2019年1月27日:オーガナイズドセッション(OS)情報を更新しました。
2019年1月25日:【重要】開催日が6月28日(金)〜30日(日)に変更となりました。


■ 概要 ■

■ 開催日(変更されています)

2019年5月17日(金)〜19日(日)
 → 2019年6月28日(金)〜30日(日)

■ 会場

北海道大学札幌キャンパス
 フロンティア応用科学研究棟(28日のみ)、工学部(29日、30日)
(〒060-8628 北海道札幌市北区北13条西8丁目)
札幌市営地下鉄南北線北12条駅下車、徒歩7分 (詳細はこちら)

■ 趣旨

「理論応用力学講演会」は力学に関する最も権威ある世界の組織IUTAMの開催する国際会議の国内版として開催されてきました。 力学が細分化する中で、各々の分野の先端的研究を集めて、幅広い力学研究の動向を確かめ合うことが本講演会の目的です。 本年度も、多くの力学の共通語を中心としたオーガナイズドセッションとパネルディスカッションを組み、 ご要望にお応えしたいと存じます。なお、今回の講演会は、第22回土木学会応用力学シンポジウムと併催の形で開催いたします。 皆様の多数のご参加をお待ちしております。

■ 企画

日本学術会議 「機械工学委員会、土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」

■ 主催

(公社)土木学会(主幹事学会)

■ 共催(予定)

(公社)化学工学会(公社)自動車技術会、 ○(公社)地盤工学会(一社)日本応用数理学会(一社)日本風工学会(一社)日本機械学会(公社)日本気象学会(一社)日本計算工学会日本計算数理工学会、 ○(一社)日本原子力学会(一社)日本建築学会(一社)日本航空宇宙学会日本混相流学会 (公社)日本地震工学会(一社)日本数学会(公社)日本船舶海洋工学会、 ○(公社)日本伝熱学会(一社)日本物理学会、 ○(一社)日本流体力学会(公社)農業農村工学会
(50音順、○:幹事学会)

■ 運営委員会

    委員名簿


■ 講演申込 ■

講演申込は、オーガナイズドセッション(OS)および一般セッション(GS)にて受け付けます。
オーガナイズドセッション(OS)および一般セッションの詳細については、 こちらのページでご確認ください。

■ 講演申込方法と受付期間

講演申込は、本講演会の講演申込システムでの電子申込のみ受け付けます。
講演申込の際には、講演概要原稿(2ページ、pdf形式のみ、5MB以内)の提出が必要です。

演題登録システムへはこちらから

お申し込みいただいた講演の採否は、4月上旬に電子メールにてご連絡します。

講演申込受付開始:2019年2月1日(金)

講演申込受付締切:2019年3月18日(月) 23時59分 → 2019年3月26日(火) 23時59分
※申込締切を延長しました.多数のお申し込みをお待ちしております.

■ 概要原稿執筆要領

講演概要原稿執筆要領のダウンロード 

Wordファイル、  PDFファイル 

■ 講演発表

本講演会では、一人20分(発表15分、質疑応答5分)の口頭発表、 またはポスター形式にてご講演いただけます。
発表形式については、講演募集セッション毎に口頭発表、またはポスター発表のいずれかを採用することとします。
各講演募集セッションの発表形式につきましては、こちらのページにてご確認ください。

ポスター発表の講演要領は、2019年4月下旬までにご案内する予定です。

■ 参加登録料

今回講演会では、講演者を含む参加者の皆様より、下記金額の参加登録料をご負担いただきます。
なお、下記参加登録料には、懇親会の参加費を含みません。

 ・講演者
   一 般、 学 生:10,000円
   ※講演論文集USB付き、口頭発表・ポスター発表ともに同額とします。
   ※上記参加登録料は、フルペーパー査読論文の投稿料を含みません。
   ※セッションで実際に登壇発表する講演発表者としてのご講演は、一人1件とさせていただきます。
 ・講演なし参加者
   一 般:10,000円(講演論文集USB付き)
   学 生: 5,000円(講演論文集USBなし)

■ 優秀講演表彰

優れた講演を行なった36歳未満(講演年度4月1日現在)の講演者を対象に優秀講演表彰を実施します。
なお、選考要領につきましては準備でき次第公開いたします。


■ スケジュール ■

■ 各種締切

2018年12月15日(土)
 →2019年1月10日(木)  オーガナイズドセッション提案締切

2019年2月1日(金)    講演申込の開始

2019年3月18日(月)
 →2019年3月26日(火)  講演申込・概要原稿提出締切

■ 講演プログラム

準備中です。2019年4月上旬に公開の予定です。


■ 参加・講演案内 ■

今回の講演会より、講演なし参加者の皆様には、参加登録料をご負担いただくことになりました。
お支払いいただいた参加登録料で、3日間の会期中、懇親会を除くすべての行事に参加できます。
 ・講演なし参加者
   一 般:10,000円(講演論文集USB付き)
   学 生: 5,000円(講演論文集USBなし)


■ 出版物 ■

■ 講演論文集

講演者には講演概要を収録した講演論文集(USBメモリ)を会場にて頒布いたします。 講演者以外で講演論文集USBをご購入希望される方を対象に、当日受付にて8,000円で販売いたします。

講演論文集は講演会終了後の適切な時期にJ-STAGEで一般公開されます。 講演概要原稿の執筆と提出については講演概要執筆要領をご覧ください。

■ 査読付論文の投稿

 講演会終了後、著者の希望によりあらためて和文または英文で寄稿された論文は、査読による審査を経て、土木学会論文集A2(応用力学)特集号に収録されます。 論文集は、J-STAGEによる電子ジャーナル方式にて発刊いたします。なお、これまで刊行されておりました英文論文集は、今回より休刊となりました。 本講演会でのご講演の内容を査読付き論文としてご寄稿いただきたくお誘い申し上げます。

     2019年7月19日(金)17時    査読論文の投稿締切(延長はいたしません。)
     2019年8月〜9月    投稿論文の査読
     2019年10月上旬    投稿論文の採否の一次判定
     2019年10月下旬    修正論文原稿の提出締切
     2019年12月下旬    投稿論文の採否の最終決定
     2020年2月上旬    論文集の発刊

     査読付論文投稿料 40,000円  (掲載可となった場合にお支払いいただきます。)

     <投稿要領・執筆要領>
      詳細は、 土木学会論文集A2(応用力学)特集号HPにてご確認ください。


■ 懇親会 ■

    講演会第2日(6月28日(土))に開催の予定です。詳細は決定し次第、公開いたします。


■ お問い合わせ ■

<第65回理論応用力学講演会・第22回土木学会応用力学シンポジウム事務局>
〒104-0004 東京都新宿区四谷一丁目外濠公園内
(公社)土木学会 研究事業課 橋本 剛志
 Tel.: 03-3355-3559(研究事業課)
 E-mail:AMC_SymOffice@jsce.or.jp


All Rights Reserved, Copyright (C) 2018, Japan Society of Civil Engineers