・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
      環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2008年(平成19年度) Iグループ

樹上動物のためのアニマルパスウェイに関する研究と実績

Study and Results Concerning Animal-Pathway for Arboreal Animals

樹上動物のためのアニマルパスウェイに関する研究と実績

  • アニマルパスウェイ研究会((財)キープ協会,ニホンヤマネ保護研究グループ,清水建設(株),大成建設(株),北杜市)
  • Animal-Pathway Research Society(Foundation Kiyosato Educational Experiment Project, Inc., Japan Dormouse Conservation Research Group, SHIMIZU Corp., TAISEI Corp., Hokuto City Government Office)
概要Summary
道路等で分断された森林に棲む樹上動物の種を保護するためのアニマルパスウェイを開発し、国内・世界へ普及を図ろうとするプロジェクトである。2002年に開発した「ヤマネブリッジ」は高額であり、市町村の道路上に設置するために、この廉価版アニマルパスウェイを約3年の実証実験の末に開発した。本アニマルパスウェイにより樹上動物のロードキルを防ぐとともに繁殖を促し、分断された森林における生物多様性を維持することが出来る。その成果を反映して2007年7月に北杜市公道上にアニマルパスウェイが設置された。24時間の映像モニタリングの結果、頻繁なヤマネやヒメネズミなどの利用が確認され、新聞、テレビ、雑誌を通じての普及活動が行われ、新たな設置要請もある。本プロジェクトは産官NGOの協働の好事例として内外の評価も高い。 Low-price animal-pathways for arboreal animals whose habitats were divided by roads have been developed based on a long-term field research. The low-price animal-pathways have been constructed over the public roads in Hokuto City. Since then it has been observed that dormice, small Japanese field mice and other arboreal animals often use them. Due to this success, the construction of the animal-pathways has been introduced and promoted through mass media.
PDF

      環境賞一覧に戻る    next >>