MENU
委員会トップ
委員会の概要
委員一覧
活動報告
土木学会論文集A2特集号
応用力学シンポジウム
小委員会
応用力学フォーラム
応用力学講演会
応用力学 Wikipedia
各賞歴代受賞者
応用力学講演会 2018

「破壊現象はどこまで理解できるようになったか ミクロからマクロへ」のご案内

 応用力学委員会では,応用力学における最先端トピックをテーマにした「応用 力学講演会」を毎年開催しております.今回も「破壊現象はどこまで理解でき るようになったか ミクロからマクロへ」を開催いたします.今回は,微小材料の強度特性に関し て多くの研究成果をあげておられる北村隆行教授(京都大学工学研究科機械理工 学専攻)による基調講演を企画しております.また土木分野で扱うコンクリー ト・金属・地盤材料の破壊挙動に関する講演もあります.
 時節柄ご多忙のこととは存じますが,お誘いあわせの上,奮ってご参加いただ きたく,ご案内申し上げます.

主催: 土木学会応用力学委員会

日時: 2018年12月5日(水) 15:00 - 17:40

場所: 土木学会本部講堂(東京都新宿区)

会費: 無料

定員: 100 名(事前申込で定員に達しない場合は,当日会場にて参加受付が可能です.)

CPD単位: 2.7 単位

プログラム:
15:00−15:05
開会挨拶:牛島 省(土木学会応用力学委員会委員長)
15:05−16:05
基調講演:北村隆行(京都大学 教授)
「ナノの破壊力学・材料強度」
16:05−16:35
講演1:別府万寿博(防衛大学校 教授)
「衝突荷重を受けるRC版の局所的応答と破壊メカニズム」
16:35−17:05
講演2:堤 成一郎(大阪大学 准教授)
「鋼構造物の非弾性応答と耐疲労性能の評価技術」
17:05−17:35
講演3:肥後陽介(京都大学 准教授)
「不飽和土せん断帯内部の微視的挙動解明とマクロ応答の解釈」
17:35−17:40
閉会挨拶:渦岡良介(土木学会応用力学委員会)

参加申し込み方法:
 土木学会HP「本部主催行事の参加申込ページ」よりお申し込みください.

お問い合わせ先:
 土木学会研究事業課・橋本
 e-mail: hashimoto@jsce.or.jp
 Tel.: 03-3355-3559


応用力学講演会 2017

「コンクリート強度評価のための計算力学」のご案内

 応用力学委員会では,応用力学における最先端トピックをテーマにした「応用 力学講演会」を毎年開催しております.今回も「コンクリート強度評価のための 計算力学」を開催いたします.今回は,韓国の土木学会で新たに設立された計算 力学小委員会委員長の Haeng-Ki Lee 教授(Korea Advanced Institute of Science and Technology)による基調講演を企画しております.またコンクリー トを扱うための計算力学手法についての講演もあります.
 時節柄ご多忙のこととは存じますが,お誘いあわせの上,奮ってご参加いただ きたく,ご案内申し上げます.

主催: 土木学会応用力学委員会

日時: 2017年12月12日(火) 15:00 - 17:30

場所: 土木学会本部講堂(東京都新宿区)

会費: 無料

定員: 100 名(事前申込で定員に達しない場合は,当日会場にて参加受付が可能です.)

CPD単位: 2.5 単位

プログラム:
15:00−15:05
開会挨拶:泉 典洋(土木学会応用力学委員会委員長)
15:05−16:05
基調講演:Haeng-Ki Lee
(Professor, Korea Advanced Institute of Science and Technology)
「Micromechanics and MD based damage and electrical conductivity predictions for nano-composites」
16:05−16:45
講演1:山本 佳士(名古屋大学 准教授)
「剛体バネモデルによる鉄筋コンクリート構造物の破壊・崩壊シミュレーション」
16:45−17:25
講演2:講演2:車谷 麻緒(茨城大学 准教授)
「損傷モデルによる鉄筋コンクリートの3次元破壊シミュレーション」
17:25−17:30
閉会挨拶:岡澤 重信
(土木学会応用力学委員会 計算力学小委員会委員長)

参加申し込み方法:
 土木学会HP「本部主催行事の参加申込ページ」より2017年12月7日(木)までにお申し込みください.

お問い合わせ先:
 土木学会研究事業課・橋本
 e-mail: hashimoto@jsce.or.jp
 Tel.: 03-3355-3559


応用力学講演会 2016

「数値シミュレーションが拓く流体力学・水理学のフロンティア」のご案内

 近年,コンピュータの飛躍的な進歩に伴い,数値シミュレーションは実用技術として著しい発展を続けています. 数値シミュレーションは現象や実験の単なる再現・検証ツールではなく,それ自体が新たな土木技術を創出する力を持っています. この度,土木学会応用力学委員会では,下記のように,応用力学講演会2016「数値シミュレーションが拓く流体力学・水理学のフロンティア」を企画いたしました. 本講演会では,流体力学・水理学において数値シミュレーションが果たした役割を過去から現在の先端研究に渡って俯瞰的に紹介・分析し, 土木分野における流体力学・水理学の重要課題の解決における数値シミュレーションの可能性や将来の展望について議論します. さらに,土木の様々な分野における数値シミュレーションの活用についても議論を行い,分野横断的な知見の共有や新たな技術の創出を促す機会になることを期待します.
 時節柄ご多忙のこととは存じますが,お誘いあわせの上,奮ってご参加いただきたく,ご案内申し上げます.

主催: 土木学会応用力学委員会

日時: 2016年12月1日(木) 15:00 - 18:00

場所: 土木学会本部講堂(東京都新宿区)

会費: 無料

定員: 100名(事前申込で定員に達しない場合は,当日会場にて参加受付が可能です.)

CPD単位: 3.0単位

プログラム
 15:00-15:05
   開会挨拶:泉 典洋(土木学会応用力学委員会委員長)
 15:05−16:00
   基調講演:日野幹雄先生(東京工業大学名誉教授)
      「乱流研究における数値シミュレーションの昔と今」
 16:00−16:30
   講演1:横嶋 哲(静岡大学准教授)
      「透過性境界の抵抗特性解明に対する数値実験的アプローチ」
 16:30−17:00
   講演2:杉原裕司(九州大学教授)
      「数値乱流力学に基づく界面物質移動機構のモデリング」

 17:10−17:50
   パネルディスカッション
     「数値シミュレーションが拓く流体力学・水理学のフロンティア」
      モデレータ:泉 典洋(北海道大学教授)
      パネリスト:
        日野幹雄(東京工業大学名誉教授)
        牛島 省(京都大学教授)
        杉原裕司(九州大学教授)
        横嶋 哲(静岡大学准教授)
        浅井光輝(九州大学准教授)
 17:55−18:00
   閉会挨拶:紅露一寛(土木学会応用力学委員会幹事長)

参加申し込み方法:
 土木学会HP「本部主催行事の参加申込ページ( こちら )」より,11月28日(月)までにお申し込みください.

お問い合わせ先:
 土木学会研究事業課・橋本
 e-mail: hashimoto@jsce.or.jp
 Tel.: 03-3355-3559


応用力学講演会 2015

「データ同化とその応用」

 土木学会応用力学委員会では,近年応用力学分野の学術研究においてホットな話題の一つであるデータ同化をテーマに, その力学的・技術的な解説や研究開発の現状,将来展望および産業応用について,第一線の講師の先生方にわかりやすくご講演いただく講演会を企画・開催いたします.
 基調講演では,東京大学地震研究所・巨大地震津波災害予測研究センター准教授の長尾大道先生に, データ同化の基本概念とその応用についてご講演いただきます. また,データ同化技術の実務応用を中心に,東電設計鰍フ栗田 哲史氏には「津波とデータ同化」, 清水建設鰍フ山本真哉氏には「地下水流動解析とデータ同化」について,それぞれご講演いただく予定です.
 時節柄ご多忙のこととは存じますが,お誘いあわせの上,奮ってご参加いただきたく,ご案内申し上げます.

主催: 土木学会応用力学委員会

日時: 2015年12月8日(火) 15:00 - 17:30

場所: 土木学会本部講堂(東京都新宿区)

会費: 無料

定員: 100名(事前申込で定員に達しない場合は,当日会場にて参加受付が可能です.)

CPD単位: 2.5単位

プログラム
 15:00-15:05
   開会挨拶
 15:05−16:00
   基調講演:長尾大道 先生(東京大学准教授)
      「データ同化の基礎理論とその応用」
 16:15−16:50
   講演(i):栗田哲史氏(東電設計)
      「津波断層モデルのインバージョン」
 16:50−17:25
   講演(ii):山本真哉氏(清水建設)
      「地下水流動解析とデータ同化(仮)」
 17:25−17:30
   閉会挨拶

参加申し込み方法:
 土木学会HP「本部主催行事の参加申込ページ ( こちら)」より,12月2日(水)までにお申し込みください.

お問い合わせ先:
 土木学会研究事業課・橋本
 e-mail: hashimoto@jsce.or.jp
 Tel.: 03-3355-3559


応用力学講演会 2014

「激甚化する豪雨災害 〜求められる分野横断・学際的な研究〜」

 土木学会応用力学委員会では,近年各地で多発している「豪雨災害」をテーマとして取りあ げ,今後の予測・対策に向けて,分野横断・学際的な研究・取り組みの必要性につい て議論する講演会を企画・開催致すことになりました.
 土木学会・地盤工学会が合同で結成した2014年8月の広島安佐地区被害調査団の団長 を務めた土田孝先生(広島大学)によるご講演からスタートし,つぎに主に河川工学, 地盤工学分野で中心に取り組まれている先生方より各分野での豪雨災害に関する取り 組みを紹介いただき,最後には長年,河川防災,水文・水資源関係の研究に取り組ま れ,また国土交通省をはじめとした水災害対策関係の各種委員会等でご活躍中の山田 正先生(中央大学)に基調講演をしていただきます.
 奮ってご参加いただきたく,ご案内申し上げます.

講演会開催案内ポスターはこちら

主催: 土木学会応用力学委員会

日時: 2014年12月2日(火) 14:00 - 17:40

場所: 東京大学地震研究所2号館 第一会議室(東京都文京区)

会費: 無料

定員: 120名(下記問い合わせ先にメールにてお申し込みください)

CPD単位: 3.2単位

プログラム
 14:00 − 14:05
   開会挨拶:寺田賢二郎(土木学会応用力学委員会委員長)
 14:05 − 14:55
   特別講演:土田 孝先生(広島大学教授)
      「平成26年広島豪雨土砂災害 〜緊急調査団報告の概要と今後の課題〜」
 15:05 − 15:45
   講演@:川池 健司先生(京都大学准教授)
      「近年の豪雨による都市水害とその課題」
 15:45 − 16:25
   講演A:前田 健一先生(名古屋工業大学教授)
      「地盤工学、水工学、農学の狭間にある豪雨浸透と
                      パイピング破壊の謎解きに向けて」
 16:30 − 17:25
   基調講演:山田 正先生(中央大学教授)
      「不確実な情報に基づく洪水リスクの評価手法の提案
                      〜豪雨災害の確率評価に向けて〜」
 17:25 − 17:30
   閉会挨拶:浅井光輝(土木学会応用力学委員会幹事長)

申し込み先:
 斎藤隆泰(群馬大学大学院工学研究科社会環境デザイン工学専攻)
(メールにて「氏名、所属、連絡先(E-mail)」を斎藤宛て(t-saitoh@gunma-u.ac.jp)にお送り下さい.なお、件名を「応用力学講演会 参加申込」として下さい.)


応用力学講演会 2012

「情報分野への土木の挑戦-力学と情報の融合に向けて-」

 土木学会応用力学委員会では,標記講演会を企画・開催致すこととなりました. 応用力学,コンクリート,地盤,水環境,土木情報といったそれぞれの分野で ご活躍されている若手研究者5名をお招きし,パネルディスカッションを開催いたします.
 奮ってご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

主催: 土木学会応用力学委員会

日時: 2013年1月24日(木)15:00−17:20

場所: 土木学会講堂(新宿区四谷1丁目無番地)

会費: 無料

定員: 100名(下記問い合わせ先にメールにてお申し込みください)

CPD単位: 2.2単位

プログラム
 15:00 − 15:05
   開会挨拶:堀 宗朗(土木学会応用力学委員会委員長)
 15:05 − 15:30
   特別講演:市村 強(東京大学)
   講演題目:「力学と情報の融合へ向けた試み」
 15:30 − 17:20
    パネルディスカッション:
    「情報分野への土木の挑戦-力学と情報の融合に向けて-」
    モデレータ:市村 強(東京大学)
    パネリスト:河村 圭(山口大学)
           藤澤和謙(京都大学)
           旭 一岳(北海道河川財団)
           岡本 修(茨城高専)
 17:25 − 17:30
   閉会挨拶:前田健一(土木学会応用力学委員会幹事長)

申し込み先:
 斎藤隆泰(群馬大学大学院工学研究科社会環境デザイン工学専攻)
(メールにて「氏名、所属、連絡先(E-mail)」を斎藤宛て(t-saitoh@gunma-u.ac.jp)にお送り下さい.なお、件名を「応用力学講演会 参加申込」として下さい.)


応用力学講演会 2011

 応用力学委員会では、このたびの東日本大震災を受け、 標記講演会を企画・開催致すこととなりました.
 津波工学分野を創成し、長年にわたり牽引されてきた首藤伸夫先生 (東北大学名誉教授・大学院工学研究科付属災害制御研究センター津波工学研究分野) による特別講演のほか,応用力学・計算力学分野の若手研究者による、 地震・津波等の災害現象の数値シミュレーションの現状と 今後の課題について議論するパネルディスカッションを企画致しました。
 奮ってご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

主催: 土木学会応用力学委員会

協賛: 日本計算工学会

日時: 2012年1月17日(火)14:00−17:00

場所: 土木学会講堂(新宿区四谷1丁目無番地)

会費: 無料

定員: 100名(下記問い合わせ先にメールにてお申し込みください)

CPD単位: 3単位

プログラム
 14:00 − 14:05
   開会挨拶:廣瀬壮一(土木学会応用力学委員会委員長)
 14:05 − 15:05
   特別講演:首藤伸夫(東北学名誉教授)
   講演題目:「2011年東北地方太平洋沖地震と津波対策」
 15:05 − 15:15
   休憩
 15:15 − 16:55
    パネルディスカッション:
   「自然災害に関する数値シミュレーション技術の現状と課題」
                  〜東日本大震災を教訓として〜
    モデレータ:樫山和男(中央大学教授)
    パネリスト:越村俊一(東北大学准教授)
           市村 強(東京大学准教授)
           前田健一(名古屋工業大学准教授)
           浅井光輝(九州大学准教授)
 16:55 − 17:00
   閉会挨拶:前田健一(土木学会応用力学委員会幹事長)

申し込み先:
 寺田賢二郎(東北大学大学院工学研究科)
(メールにて「氏名、所属、連絡先(E-mail)」を寺田宛て(tei@civil.tohoku.ac.jp)にお送り下さい.なお、件名を「応用力学講演会 参加申込」として下さい.)


応用力学講演会 2010 開催報告

 去る平成22年5月18日(火),土木学会本部講堂にて,標記「応用力学講演会2010」を開催いたしました.130名の皆様にご参加いただき,お陰様をもちまして,盛況のうちに無事終了することができました.まずは深く御礼申し上げます.

 特別講演では,川井忠彦先生(東京大学名誉教授)より,「『私と応用力学そして計算力学』〜若手へのメッセージ」の演題で,先生がご研究の中で培われ,ご活躍の原動力とされてきた熱い想いを語っていただきました.

川井先生

 基調講演では,三木千壽先生(東京工業大学教授)より,「鋼橋分野での研究と実務との乖離」の演題で,実務の現場における応用力学の役割・重要性と,応用力学と実務現場のつながりの大切さについてご講演いただきました.

三木先生

 また,パネルディスカッションでは,E-defenseプロジェクトに携わっていらっしゃる堀宗朗先生(東京大学教授)をモデレータに,高橋良和先生(京都大学准教授)と小国健二先生(慶応義塾大学准教授)をパネリストにそれぞれお迎えして,E-defenceを例に,実験力学と計算力学のあり方・役割・限界などを議論いたしました.

パネルディスカッション

 講演会当日の講演関係資料(pdf)をご希望の方は,以下リンクからご自由にダウンロードすることができます.

川井先生   三木先生   パネルディスカッション


応用力学講演会 2010

 応用力学委員会では,標記講演会を企画・開催致すこととなりました.
 特別講演者および基調講演者として、この分野を長年リードされてきた川井忠彦先生(東京大学名誉教授),三木千壽先生(東京工業大学教授,元応用力学委員会委員長)をお招きし,ご講演をお願い致しました.また,E-defense を例に,実験力学と計算力学のあり方・役割・限界などを議論するパネルディスカッションを企画致しました.
 奮ってご参加いただきたく,ご案内申し上げます.

講演会案内ポスター

主催: 土木学会応用力学委員会

協賛: 日本計算工学会

日時: 2010年5月18日(火)  14:00−17:10

場所: 土木学会講堂(新宿区四谷1丁目無番地)

会費: 無料

定員: 100名(下記問い合わせ先にメールにてお申し込みください)

CPD単位: 3単位

プログラム
 14:00 − 14:05
   開会挨拶:樫山和男(土木学会応用力学委員会委員長)
 14:05 − 14:55
   特別講演:川井忠彦(東京大学名誉教授)
   講演題目:「私と応用力学そして計算力学」〜若手へのメッセージ
 14:55 − 15:45
   基調講演:三木千壽(東京工業大学教授)
   講演題目:「鋼橋分野での研究と実務との乖離」
 15:55 − 17:05
    パネルディスカッション:「実験力学と計算力学」〜E-defenseを例に〜
     モデレータ:堀宗朗(東京大学教授)
     パネリスト:高橋良和(京都大学准教授)
           小国健二(慶応義塾大学准教授)
 17:05 − 17:10
   閉会挨拶:小国健二(土木学会応用力学委員会幹事長)

申し込み先:
 幹事・岡澤重信(広島大学大学院工学研究科)
 okazawa@hiroshima-u.ac.jp(メールにて参加者氏名をご連絡ください)