土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 モニタリング技術活用のための指針(案)

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P1070
ISBN978-4-8106-1070-3
編集インフラメンテナンス総合委員会
新技術適用推進小委員会 
発行年月2022/6
版型:頁数B5判,156ページ ,CD-ROM付 ,並製本
重量431g
本体価格\4,400
税込定価\4,840
会員特価\4,360
送料\570
 [目次]   [正誤表]



−維持管理に携わる技術者に向けたモニタリング技術の現場実装指針-

インフラの維持管理においてモニタリング技術の活用が注目される中,モニタリングシステム技術研究組合(RAIMS)は内閣府のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム,2014〜2018年度)に参加し、インフラの点検,診断,補修・補強など様々な場面で有効なモニタリング技術を指針にまとめました.本指針は,インフラメンテナンス総合委員会の新技術適用推進小委員会において評価を行うと共に,現場での実装を念頭に再編集し土木学会の刊行物としてまとめたものです.要点をまとめた本編と,その元となった技術や具体事例の詳細を収めた資料編より構成されており,インフラの管理者や点検実施者のみならず,センシング技術の研究開発者にも手に取っていただきたい一冊です.

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]