土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 歴史の謎はインフラで解ける―教養としての土木学―(産経新聞出版発行)

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.T1489
ISBN978-4-8191-1338-0
編集
発行年月2018/5
版型:頁数四六判,216ページ ,並製本
重量268g
本体価格\1,500
税込定価\1,620
会員特価\1,460
送料\450


 平成29年度会長特別委員会「安寧の公共学懇談会」では、土木とは何か、そして土木はどうある べきかについて、この一年間議論を続けてきました。この議論の成果も踏まえた、懇談会委員による著書「歴史の謎はインフラで解ける 教養としての歴史学」(大石久和・藤井聡編著、産経新聞出版社)が発刊されました。本書では、土木がつくったインフラの基盤の上に私たちの社会が成り立っており、土木がなければ歴史、文化、社会、経済を動かす壮大なエネルギーが生まれなかったことを、歴史トピックスを紐解き解説しています。

収録トピックス(一部)
●ローマ文明を築いたのは「水道」だった
●なぜ京都は「千年の都」になったのか
●信長の天下統一には土木の力が働いていた
●幕府を倒したのは物流システムだった
●アメリカの歴史を変えたニューディール政策

【期間限定サービス】 会員・非会員問わず、土木広報センターのページに掲載されている「本商品専用購入注文書」にて20冊以上纏めてご注文の方に限り、平成30年7月末まで期間限定価格1,300 円(税込)にて扱わせていただきます。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]