土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 コンクリートライブラリー144号 汚染水貯蔵用PC タンクの適用を目指して

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P915
ISBN978-4-8106-0915-8
編集コンクリート委員会 汚染水貯蔵用PCタンク検討小委員会
発行年月2016/5
版型:頁数A4判,205ページ ,並製本
重量669g
本体価格\4,500
税込定価\4,860
会員特価\4,380
送料\470
 [目次]  


 東日本大震災から5年が経過した現在でも,東京電力福島第一原子力発電所(以下、1F)は,多くの課題をかかえています.その中の1つが,地下水の流入による汚染水の増加です.1Fで発生している汚染水は,現在,約1000基の鋼製タンクで保管されています.汚染水貯蔵用PCタンク検討小委員会(228委員会)(委員長:梅原秀哲 名古屋工業大学教授)では,今後の汚染水貯蔵に関して,鋼製タンク以外の選択肢としてPCタンクの技術的な適用性を2014年5月から2年間にわたり検討しました.本書は、その委員会活動の成果をとりまめたものです.1Fの課題解決に本書が活用されれば幸いです.

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]