土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 エネルギーと気象工学 ―災害に強い電力設備と安定供給を目指して―

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P808
ISBN978-4-8106-0808-3
編集エネルギー委員会 環境技術小委員会
エネルギーと気象工学分科会
発行年月2015/6
版型:頁数A4判,286ページ
重量865g
本体価格\5,800
税込定価\6,264
会員特価\5,640
送料\470
 [目次]  


 エネルギー産業は、従前からエネルギー設備の気象災害、太陽光、風力や小水力発電等の再生可能エネルギーの導入等、気象現象と深く関わってきました。近年では、気候変動に伴う極端気象現象により数多くの設備被災が報告され、「再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(Feed-in Tariff; FIT)」により自然エネルギーが注目される等、エネルギー産業と気象の関わりは、国や地方自治体の政策面でも重要なテーマとなっています。
 そういった中で、気象業務への民間活力導入、公的な気象データの一般公開、情報通信・衛星リモートセンシング技術の急速な進展など気象技術を取り巻く環境は大きく変貌しつつあります。エネルギー産業に関わる事業者は、高密度・高精度で即時性を有した気象データを設備の防災や自然エネルギー利用等、事業活動のあらゆる局面において活用することができるようになりました。
 本書は、このような「気象工学」が直面する課題を踏まえ、エネルギー施設の計画、運営についての理解を深めるべく、政府関係者、地方自治体、エネルギー関連事業者、建設会社、コンサルタント等に従事する方のために出版したものです。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]