土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 東海道新幹線と首都高 1964東京オリンピックに始まる50年の軌跡 〜その意図、成果、そして未来に向けた新たな飛躍〜 (創立100周年記念出版)

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P869
ISBN978-4-8106-0869-4
編集企画委員会 50+50特別シンポジウム実行委員会
発行年月2014/12
版型:頁数A5判,250ページ ,並製本
重量374g
本体価格\4,000
税込定価\4,320
会員特価\3,890
送料\450
 [目次]  


 私たち土木の分野は、常に総合的な工学だということを考えさせられる。土木学会は、他の工学系学 会に比べると、遅れて設立された。これは、初代の古市公威会長が述べたように、土木工学は総合工学 であり、工学会という工学全体を網羅する学会で活動すべきとの意図である。土木学会は、その総合的 な工学というものをやっていこうという意志の現れであった。
 東京オリンピックのように、皆で共有できる一つの大きな目標を掲げ、それに向かって力を合わせるということが、土木工学にとって非常に大事なことではないかと感じている。一つの大目標に向かって 皆がその方向に努力をしていく。それによって、この偉大なる新幹線、首都高が期日通りに完成し、開 通を迎えた。総合工学である土木工学の典型的な例としても、東海道新幹線と首都高に関するシンポジ ウムの講演内容をとりまとめた本書を読んで考えいただければ幸いである。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]