土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 コンクリートライブラリー141号 コンクリートのあと施工アンカー工法の設計・施工指針(案)

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P800
ISBN978-4-8106-0800-7
編集コンクリート委員会 あと施工アンカー小委員会
発行年月2014/3
版型:頁数A4判,135ページ ,並製本
重量519g
本体価格\2,800
税込定価\3,024
会員特価\2,730
送料\470
 [目次]   [正誤表]



 本指針の特徴は、以下に示すとおりです。
1.本編と標準編の2部構成にしました。本編は、設計・施工における考え方と基本原則に ついて記述し、適切な方法を用いることで土木分野での幅広い適用が可能となるような内 容です。標準編は、日本建築あと施工アンカー協会の設計・施工指針を参考とし、一定条 件下で本編を満足する標準的な方法を示すものです。
2.設計・施工だけでなく、維持管理の重要性を示すため、維持管理の章を設けました。
3.笹子トンネルの事故を受けて、標準編では条文に「原則として、吊り下げる付帯設備には使用してはならない」と記載し、本編ではあと施工アンカーの将来の発展を考慮し、 条文ではなく解説に同様の趣旨をふまえつつ現状では出来る限り適用を避ける必要がある と記載しました。
 あと施工アンカーは土木の様々な分野で使用されているにもかかわらず、今回初めて指針が作成されました。本指針があと施工アンカーを使用したコンクリートの今後の普及に 貢献することを期待しています。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]