土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 舗装工学ライブラリー9 空港・港湾・鉄道の舗装技術 −設計,材料・施工,維持・管理−

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P766
ISBN978-4-8106-0766-6
編集舗装工学委員会 重荷重舗装補修小委員会
発行年月2013/3
版型:頁数A4判,271ページ ,並製本
重量831g
本体価格\3,200
税込定価\3,456
会員特価\3,120
送料\470
 [目次]  


 重荷重舗装の特徴として、車道舗装等に比べて載荷荷重が大きいことや静止荷重の発生頻度が多いという、舗装にとって厳しい荷重条件下にあると同時に、我が国の産業活動に大きな影響を与える交通拠点に設置されていること、補修工事を行う上で制約条件が厳しいことが挙げられます。
 重荷重舗装と一口に言っても、設計荷重のみならず、設計交通量の考え方や評価法、施工法等は、空港舗装、港湾舗装、鉄道舗装で大きく異なります。
 本書は、各分野の違いが比較しやすい様に、各分野の技術的事項を並べてご覧頂けるように編纂されました。
 本書が技術者にとって、重荷重舗装の実務に取り組む際に必要な情報収集の一助となれば幸いです。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]