土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 コンクリートライブラリー137号 けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P760
ISBN978-4-8106-0760-4
編集コンクリート委員会 けい酸塩系表面含浸材設計施工研究小委員会
発行年月2012/7
版型:頁数A4判,220ページ ,並製本
重量741g
本体価格\3,800
税込定価\4,104
会員特価\3,700
送料\470
 [目次]   [正誤表]



 けい酸塩系表面含浸材は、北欧、北米、オーストラリア等の国々では、土木・建築コンクリート構造物の防水対策として1920年代から材料として存在していたと言われています。
 この指針は、2005年に制定された「表面保護工法 設計施工指針(案)」をベースとしながら、その中のけい酸塩系表面含浸工法に特化して、コンクリート表面の改質、ひび割れ補修あるいは各種劣化に対する抑制のための工法設計および施工、ならびに施工後の維持管理に関する技術指針と性能評価のための各種試験方法を制定することを目的として発行しました。
 さらに、技術の現状を確認し、問題点の把握と今後の活動の方向性を明確にするために、国内のけい酸塩系表面含浸材取扱い企業43社44銘柄を対象としたアンケート調査を実施し、その情報も指針作成に有効活用しました。また、けい酸塩系表面含浸材を用いた施工事例だけではなく、不具合事例についても参考資料として取りまとめています。
 この指針が、けい酸塩系表面含浸材の適正かつ有効な活用に寄与し、新設コンクリート構造物の耐久性向上あるいは既設構造物の補修技術の向上に貢献することを期待しています。



この商品は現在,在庫切れです。ご注文いただけません。

丸善出版(株)に在庫がございます。購入ご希望の方は下記あてお問い合わせ下さい。
丸善出版(株)TEL:03-3512-3256

  [前のページに戻る]