土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 複合構造レポート05 FRP接着による鋼構造物の補修・補強技術の最先端

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P772
ISBN978-4-8106-0772-7
編集複合構造委員会 FRPと鋼の接合方法に関する調査研究小委員会
発行年月2012/6
版型:頁数A4判,268ページ ,並製本
重量763g
本体価格\3,800
税込定価\4,104
会員特価\3,700
送料\470
 [目次]  


 繊維強化プラスチック(FRP)は、軽量、高強度、腐食しないなど、他の材料にない優れた特性を有しており、建設産業において、鋼、コンクリートに続く新しい材料として受け入れられつつあります。
 FRP接着工法の利点は、主に次の2つに集約されます。 
 @FRPは軽量で加工しやすいことから、ハンドリングに優れ、施工後の死荷重の増加がほとんどない。
 A施工は、接着接合が基本であり、ボルト接合や溶接接合と比べて母材への影響が少なく、簡便である。
 FRP接着工法のさらなる普及を図るためには、体系化された設計方針に基づいて、信頼性のある施工が行えるように、マニュアル、指針などを整備することが望まれております。
 本書が、FRP接着による鋼構造物の補修・補強技術の普及と発展のために有効に活用されることを期待しています。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]