土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 交通ネットワークを支える免震と制震の技術

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P746
ISBN978-4-8106-0746-8
編集地震工学委員会 免震・制震研究小委員会
発行年月2012/6
版型:頁数A5判,164ページ ,並製本
重量277g
本体価格\1,600
税込定価\1,728
会員特価\1,560
送料\450
 [目次]  


 橋の揺れやすい周期を設計者が人為的に長周期化し、同時に橋の減衰性能を人為的に向上させ、かつ地震時に構造物に作用する慣性力という地震の力を分散させて地震による被害から免れようとするもの、これが橋の免震です。
 橋の揺れを抑える減衰性能を人為的に向上させて振動を制御して揺れを小さくするもの、これが橋の制震です。
 本書では、免震や制震の基礎となる理論や設計の考え方、そしてその応用までを、なるべく簡単な言葉でわかりやすく解説しています。
 免震・制震技術の入門書として、技術者、研究者をはじめとして多くの人に活用していただくことを期待しています。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]