土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 技術公務員の役割と責務−今問われる自治体土木職員の市場価値−

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P727
ISBN978-4-8106-0727-7
編集建設マネジメント委員会 技術公務員の役割と責務研究小委員会
発行年月2010/11
版型:頁数A5判,96ページ
重量182g
本体価格\1,400
税込定価\1,512
会員特価\1,370
送料\450
 [目次]  


 技術公務員の中でも土木に携わる公務員(これを「技術公務員」と呼びます)は土木のプロとして政策の立案、行政の執行、施設の管理、そして民業の育成など数多くの役割を担い、国民の安全、安心、そして快適な生活を支える大切な役割を果たしてきました。
 技術公務員は、社会資本の利用者である国民からのニーズが多様化する中で、事業の透明性や重要性の説明責任を果たし、高度成長期に建設された多くのストックを限られた予算で適切に維持管理していくことなど多くの役割を担っています。
 土木学会建設マネジメント委員会では、2005年度に「建設サービスの高度化時代における技術公務員(インハウス・エンジニア)の役割と責務研究小委員会」を設置し、土木分野における都道府県や政令市の職員を対象に、技術公務員が置かれている現状の把握やその課題などを議論してきました。
 本書は、小委員会発足以降、継続して審議してきた結果や各方面から頂いた意見などを参考に、地域や社会からの期待に真に応える技術公務員の役割や責務について述べたものです。

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]