土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 人口減少下の社会資本整備 -拡大から縮小への処方箋-

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P413
ISBN4-8106-0413-6
編集平成13年度会長提言特別委員会
発行年月2002/11
版型:頁数B6判,216ページ ,並製本
重量213g
本体価格\1,200
税込定価\1,296
会員特価\1,170
送料\450
 [目次]  


 最近の発表によれば,2006年にピークに達するわが国の総人口は,2050年には1億人程度にまで減少すると推計され,また、2100年総人口は6,400万人ぐらいになるという参考推計値も発表されました.この規模・時間スケールでの急速で大幅な人口変動を人類は経験したことがなく,社会のさまざまな分野で,価値観の転換,各種制約条件の変化が生じ,社会的・経済的構造も変容するものと考えられます.
 このような大変動期に社会的共通基盤を整備しつづけることは,わが国はもとより世界でも初めての経験です.
 本書では,このような状況下で100年後の将来に向けてなにを用意すべきか,学術と技術をどのような方向に展開し,その結果をいかに社会に還元すべきかを,すべての土木技術者(Civil Engineer:市民工学者)へ提案しています.

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]