土木学会 刊行物案内


書籍詳細情報

 阪神・淡路大震災調査報告 7 土木構造物の応急復旧,補修,補強 橋梁 トンネル・地下構造物

表紙イメージ
書籍データ
コードNo.P210
ISBN4-8106-0210-9
編集阪神・淡路大震災調査報告編集委員会
発行年月1999/11
版型:頁数A4判,696ページ ,上製本
重量2,220g
本体価格\25,000
税込定価\27,000
会員特価\24,300
送料\590


土木・建築・地盤・機械・地震の5学会が総力をあげて取り組んだ被害の実態とその原因分析を集大成

目次
第1章 橋梁
1.1 総括
1.2 復旧の基本方針
1.3 桁橋の被災度判定と復旧
1.4 ラーメン高架橋の被災度判定と復旧
1.5 アーチ橋及びトラス橋の被災度判定と復旧
1.6 吊橋・斜張橋の被災度判定と復旧
1.7 被災調査技術
1.8 復旧・耐震補強技術
1.9 兵庫県南部地震を契機として実施中の耐震補強例

第2章 トンネル・地下構造物
2.1 総括
2.2 復旧の基本方針
2.3 開削トンネルの被災判定と復旧
2.4 シールドトンネルの被災判定と復旧
2.5 山岳トンネルの被災判定と復旧
2.6 トンネル・地下構造物の被災調査技術
2.7 トンネル・地下構造物の復旧・補強技術

買い物かごに入れる
  [前のページに戻る]