・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2010年(平成21年度) Iグループ

新和田岬ポンプ場ダイオキシン類無害化処理業務

The resolution project of dioxins contaminated soils at SHIN-WADAMISAKI pump place.

新和田岬ポンプ場ダイオキシン類無害化処理業務

  • 神戸市建設局 百代 淳一,金澤 正澄,稲葉 力
  • Kobe City Public Construction Project Bureau Junichi Hyakudai, Masazumi Kanazawa, Tsutomu Inaba
概要Summary
ダイオキシン類に汚染された底質の環境基準は150pg-TEQ/g と非常に厳しく規制されている中、ダイオキシン類高濃度汚染底質(最大濃度3,000pg-TEQ/g 程度)および低濃度汚染底質(同500pg-TEQ/g 程度)を処理する必要があった。
本プロジェクトは、汚染土壌に200℃から1000℃の過熱蒸気を接触させることにより、難分解性有機物を底質から過熱水蒸気を用い分離し、ガス化させた汚染物質を処理する技術を開発、実施したものである。過熱蒸気のガス化装置を温度別4段階に分け、処理速度の向上を達成し、大量の底質の処理を可能とした。以上のように、わが国初の大規模ダイオキシン類汚染底質無害化処理において、高い技術を開発ししたことが評価された。
It was necessary to process the heavily polluted bottom sediment with dioxins (maximum density 3,000pg-TEQ/g level) and the low polluted bottom sediment (about 500pg-TEQ/g).
This project separates the accident resolution organism from the bottom sediment by touching the superheated vapor from 200 to 1000℃ to the contaminated soil, and develops, and is execution by the technology that processes the gasified contaminant.
The gasification device that used the superheated vapor was divided into three stages according to the temperature, the improvement of the processing speed was achieved, and the processing of a large amount of bottom sediment was enabled. As mentioned above, it was evaluated to have developed the first large scale detoxification processing of dioxins polluted sediment in our country.
PDF

<< prev.    環境賞一覧に戻る    next >>