・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
      環境賞一覧に戻る    next >>

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2009年(平成20年度) Iグループ

人工干潟を用いた環境共生型護岸の造成

Environment-Symbiotic Seawall

人工干潟を用いた環境共生型護岸の造成

  • 国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所
  • Yokohama Research and Engineering Office, Port and Airport Kanto Regional Development Bureau, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism
概要Summary
本事業は都市部における限られた水辺空間での自然環境・市民利用・老朽化施設の補強・耐震機能向上などの防災対策との調和を図りながらの実施が可能となる新たな環境整備策である。
構造の特徴として、棚式の構造を採用することにより、干潟地形としては安定勾配の確保を可能とし、水域を航行する船舶等に対しては必要水深を確保可能とするなど現地条件にあわせたフレキシブルな対応を可能としている。
また、造成された護岸の干潟・磯場部には二枚貝等をはじめとする多様な生物の生息・定着が観察されており、良好な生物生息環境の場として機能していることを確認している。
This project is a new environmental improvement scheme which enables to realize harmonization with the natural environment, public space and disaster prevention including reinforcement of decrepit structures and seismic retrofit in the limited space of urban waterfront.
The feature of seawall in the project is the terrace structure which enables to respond to site conditions and to provide an equilibrium slope in tidal flat and necessary water depth for ships sailing around the area.
 Moreover, in the tidal flat and rocky shore inside the constructed seawall, various organisms including benthic bivalves have been observed, which means a favorable environment for the habitation of living organisms.
PDF

      環境賞一覧に戻る    next >>