・2006   ・2007   ・2008   ・2009   ・2010   ・2011   ・2012   ・2013   ・2014   ・2015   ・2016  
<< prev.    環境賞一覧に戻る      

環境賞

Outstanding Civil Engineering Achievement Award

2007年(平成18年度) IIグループ

アラビア湾に建設中の巨大人工島における海草移植技術の開発

Development of the seagrass transplantation technology at the gigantic resort islands in DUBAI

アラビア湾に建設中の巨大人工島における海草移植技術の開発

  • 大成建設(株) ナキール社
  • TAISEI Corp. Nakheel L.L.C
概要Summary
アラビア湾に建設中の巨大人工島における海草移植技術の開発アラブ首長国連邦UAEのドバイでは、一部の静穏な海域に海草が群落を形成している。一方、ドバイは巨大なリゾート人工島の建設を進めており、この周囲に広大な静穏な水域が誕生する。ここに、天然の海草を移植するため、新たに「海草移植マット」を開発し移植実験を行った。マットを用いた海草移植は、ドバイでは初の試みである。天然の海草群落に設置した移植マットには、設置から3ヶ月で海草が定着しはじめた。さらに、海草が定着したマットを海草の生えていない砂地へ移設した結果、移設先の海底に根付いた。この結果、アラビア湾でのマット移植工法に実用化のめどがついた。 Dubai, UAE is busy in construction of gigantic marine resort islands along its coast. To fill the serene vacant space of the bottom around the islands with local seagrasses, we developed mattress-type transplantation method for the first attempt in Dubai. Seagrass has began to grow on the mattress just after three months. The seagrass on the relocated mattress started to expand its roots to the natural sea bed three months after relocation. As a result, a prospect of practical transplantation of seagrass has become in sight in the Arabian Gulf.
PDF

<< prev.    環境賞一覧に戻る