■ 研究業績賞受賞一覧

研究業績賞は、原則として、土木学会誌、土木学会論文集、その他土木学会の刊行物に発表した研究、計画、設計、施工、考案などに関する一連の論文等の業績により、土木工学における学術・技術の進歩、体系化に顕著な貢献をなしたと認められる個人に授与されます。
 

平成21年

2方向地震動を受ける鋼製橋脚の耐震性能と限界状態に関する研究
後藤 芳顯 (ごとう よしあき) 名古屋工業大学
沿岸防災施設への性能設計の適用
高橋 重雄 (たかはし しげお) 独港湾空港技術研究所
液状化による多様な土の残留変形特性に関する研究
風間 基樹 (かざま もとき) 東北大学

平成22年

アセットマネジメントの合理化と高度化のための解析的方法論の開発
小林潔司 (こばやし きよし) 京都大学
マルチスケールモデルに基づくセメント系複合材料と巨視的構造応答の統合解析システム
前川宏一 (まえかわ こういち) 東京大学
 

平成23年

山岳トンネルをはじめとする臨床的土木工学技術の進展のための研究
中川浩二 (なかがわ こうじ)
水環境における新規汚染物質の存在実態、影響評価、削減対策に関する研究
田中宏明 (たなか ひろあき)
 

平成24年

洪水流と土砂移動を一体的に捉えた高精度でかつ実用的な解析法の開発と河道設計・管理への適用
福岡捷二 (ふくおか しょうじ) 中央大学研究開発機構
積雪寒冷地にある地盤材料の力学挙動とその工学的利用・評価に関する研究
三浦清一 (みうら せいいち) 北海道大学名誉教授
 

平成25年

鉄筋コンクリート構造のせん断問題に関する総合的研究
二羽淳一郎 (にわ じゅんいちろう) 東京工業大学大学院理工学研究科
 

平成26年

水中の病原微生物のリスク評価とその管理に関する研究
大村達夫
 

平成27年

弾塑性論の新体系−下負荷面モデル−の創出
橋口公一  九州大学名誉教授

平成28年

応募なし