土木計画学研究発表会・講演集

2002年 第26回

  招待論文名 著者名(所属)
  変動についての試行的考察 北村隆一(京都大学)
  自然災害リスクの地域間配分問題 横松宗太(鳥取大学)
講演
番号
論文名 著者名(所属)
連名者
1 救急医療活動からみた高速道路整備効果に関する基礎的研究 折田仁典(秋田工業高等専門学校)
藤田浩成・佐藤力
2 地方部の高速道路の整備が救急医療活動に及ぼす効果 折田仁典(秋田工業高等専門学校)
佐藤力・西川明博
3 高速道路ネットワークの段階的整備プロセスの事後評価 柚木俊郎(京都大学大学院)
青山吉隆・中川大・松中亮治・野村友哉
4 異なる機能を有する幹線道路の整備優先順位における評価・検討 安藤良輔((株)片平エンジニアリング)
上仙靖・田中慎次・角谷英樹・市川昌
5 Methodology for selecting concession highways in the Brazilian strategic planning context Karisa Ribeiro(名古屋工業大学)
Andre Dantas・山本幸司
6 都市内道路施設におけるITS(ETC)活用による展望的研究 中野雅弘(大阪産業大学)
 
7 航空規制緩和の影響分析のためのモデルフレームの作成 井田直人(室蘭工業大学大学院)
田村亨
8 首都圏を中心とする国内航空市場における機材変遷と小型機導入可能性に関する研究 齋藤輝彦(国土交通省)
屋井鉄雄
9 旅客のチケット予約行動を考慮した最適座席数供給問題に関する研究 杉田孝(神戸大学大学院)
竹林幹雄・黒田勝彦・吉田純土
10 混雑空港の時間発着枠配分への競争入札制度導入時における航空事業者行動の基礎的分析 加藤浩徳(東京大学大学院)
下田誠剛
11 カボタージュ規制緩和が東アジア域航空旅客輸送市場に与える影響分析と空港政策評価 三好礼子(神戸大学)
黒田勝彦・竹林幹雄・吉永保子
12 航空旅客輸送市場におけるネットワーク競争のモデル化:多階層モデル 竹林幹雄(神戸大学)
 
13 コミュニティ・ゾーン形成事業に対する住民意識と支払意志額の因果構造に関する研究 塚原真理子(名古屋工業大学)
藤田素弘・山岡俊一
14 狭幅員道路における交通静穏化デバイス設置可能性に関する検討 橋本成仁((財)豊田都市交通研究所)
牧野幸子・高橋洋
15 JR山田線盛岡近郊区間の輸送改善について 田村大輔(岩手大学大学院)
岩佐正章
16 横断歩道通行時の危険感評価に関する研究 − 立体横断施設の整備効果の評価への適用を前提として 山田稔(茨城大学)
 
17 歩行者の経路選択における動く歩道の影響に関する研究 渡辺康英(横浜国立大学大学院)
大蔵泉・中村文彦・平石浩之
18 凍結路面における歩行特性と対策の効果に関する実験的研究 新谷陽子((社)北海道開発技術センター)
原文宏・村井暁・秋山哲男
19 北海道の都市における中心市街地活性化を目的とした歩行者モールの現状と課題 谷口綾子((社)北海道開発技術センター)
原文宏・神馬強志・和田忠幸
20 アメリカにおける歩行者モールの変遷に関する事例研究 新谷陽子((社)北海道開発技術センター)
原文宏・和田忠幸・寺井一弘
21 商業街区における路上条件を考慮した歩行者の遊歩行動に関する研究 上村寿志(九州大学大学院)
松永千晶・出島甫信・角知憲
22 中心市街地と郊外大型店における歩行行動の差異に関する研究 井上直(宇都宮大学大学院)
森本章倫・古池弘隆・中村文彦
23 鉄道乗換に伴う負担感を考慮した駅構造の分類についての一考察 阿久津奈央(横浜国立大学大学院)
大蔵泉・中村文彦・平石浩之
24 ユニバーサルデザインによる施工中の駅前広場の検討と修正 松原悟朗((株)国際開発コンサルタンツ)
秋山哲男・加藤雅彰・三浦清洋・尾座元俊二
25 利用者意識を考慮した駅前ペデストリアンデッキのあり方に関する研究 中尾成政(早稲田大学大学院)
浅野光行
26 サイバーウォークにおける空間抵抗特性に関する基礎研究 谷口守(岡山大学)
阿部宏史・蓮実綾子
27 車載型センサーを用いた車両挙動の調査・分析方法に関する基礎的研究 古屋秀樹(筑波大学)
牧村和彦・川崎茂信・赤羽弘和
28 高速道路における視程障害時での注視特性に関する研究 高野仁(秋田大学大学院)
中西勉・浜岡秀勝・清水浩志郎
29 積雪寒冷地での交通挙動に着目した交通安全性の評価に関する研究 成瀬研治(秋田大学大学院)
菅本倫志・浜岡秀勝・清水浩志郎
30 交通安全施設がカーブ区間の運転挙動に及ぼす影響 大口敬(東京都立大学)
太田洋・片倉正彦・鹿田成則
31 情報提供がカーブ緩急に与える効果に関する研究 中川剛士(北海道大学大学院)
萩原亨・足立健夫・徳永ロベルト・浅野基樹
32 リバーシブルレーン整備区間での走行意識に関する研究 鷲谷忠彦(秋田大学大学院)
浜岡秀勝・清水浩志郎
33 ドライバーの認知の有無を考慮した交通安全対策のアンケートによる効果評価 村松慎也(名城大学大学院)
若林拓史・野田勝
34 危険意識の要因と交通事故の関連性に関する一考察 浅利正俊(宇都宮大学大学院)
古池弘隆・森本章倫
35 ドライバーの危険度認識と交通事故の発生率 西村智明(広島大学大学院)
ハック・M・シャーミム・奥村誠・塚井誠人
36 ドライバーから見た夜間における交差点視環境評価に関する研究 宇津木リョウコ(北海道大学大学院)
加賀屋誠一・萩原亨・内田賢悦・ムラリーダラン タムパイア
37 都市鉄道の時刻別需要予測手法に関する研究 原田知可子(芝浦工業大学大学院)
岩倉成志・森地茂
38 DRTシステムコストモデルに関する研究 竹内龍介(横浜国立大学大学院)
大蔵泉・中村文彦
39 都市交通計画におけるタクシー交通システムの評価に関する研究 宮坂純平(北海道大学大学院)
岸邦宏・佐藤馨一
40 幹線鉄道輸送における収益管理導入効果の基礎的分析 寺部慎太郎(東京大学大学院)
小出哲也・水口昌彦
41 地方都市内における地区特性を考慮した世帯構成変化とコミュニティとの関連分析 藤島誉(群馬大学大学院)
青島縮次郎・杉木直
42 視覚障害者のための駅施設評価に関する研究 平澤興(早稲田大学大学院)
浅野光行
43 地方都市における外出の潜在化とその困窮度に関する意識分析 井上詠友(群馬大学大学院)
青島縮次郎・杉木直・古澤浩司
44 地方都市内における高齢者の世帯間自動車同乗行動と移送サービスに関する分析 川合康生(群馬大学大学院)
青島縮次郎・杉木直・金井昌信
45 社会福祉との関連性に着目した交通バリアフリー化の今後の方向性に関する考察 飯田克弘(大阪大学大学院)
西井禎克
46 「雪国におけるユニバーサルデザイン」の導入の取り組み 服部和広((株)オリエンタルコンサルタンツ)
福田好司・岡正彦・松原淳・服部和広
47 普通貨物車専用パ−キング・チケット利用での長時間駐車の影響について 堂柿栄輔(北海学園大学)
 
48 道路交通サービスの水準評価の現状と展望に関する考察 前田信幸((株)建設技術研究所)
喜多秀行
49 Development of Dynamic Forecasting Module considering Driver チョンヒョンチョン(埼玉大学)
久保田尚・坂本邦宏
50 信号制御方式と交差点構造の改良による交差点の交通渋滞緩和効果分析 福島淳(群馬大学大学院)
青島縮次郎・金井昌信・杉木直
51 Eコマースによる都市内交通への影響に関する実証研究の試み 李燕(立命館アジア太平洋大学)
 
52 地方都市における平日・休日の交通実態の経年変化に関する研究 LIM IV(豊橋技術科学大学)
廣畠康裕・金広文
53 都市内公共交通と都市特性に関する研究 柳沢英治(早稲田大学大学院)
 
54 上海市都心部の自転車、自動車混合交通流の特徴とその評価関する一考察 虞志敏(大阪市立大学大学院)
日野泰雄・内田敬
55 出発時刻選択問題の安定性における時刻選択地点の影響 井料隆雅(東京大学)
桑原雅夫
56 通勤交通における公共交通機関利用者の出・退勤時刻決定モデルに関する研究 樋口尚弘(九州大学大学院)
李強・大枝良直・角知憲
57 出発時刻選択行動モデルを用いた通勤鉄道利用者の列車待ち時間に対する意識限界に関する実証的分析 小野田惠一(東京大学大学院)
加藤浩徳・家田仁
58 歩行者系道路の施設整備と交通手段・経路選択行動に関する分析 仲村彩(大阪市立大学大学院)
内田敬・日野泰雄
59 プリファレンス曲線による通勤トリップ長の算定について 下タ村光弘(苫小牧工業高等専門学校)
桝谷有三・田村亨・斉藤和夫
60 ニューラルネットワーク型非線形効用関数をもつロジットモデルの構築 山下裕一朗(金沢大学大学院)
中山晶一朗・高山純一
61 地方部における個人交通行動の長期的変遷と課題 谷口守(岡山大学)
和気倫弘・阿部宏史
62 不確実性を考慮した長距離都市間交通スケジュール決定行動モデルの構築 石川智之(広島大学大学院)
藤原章正・杉惠頼寧・李百鎭
63 歩行環境評価および空間的定位を考慮した歩行者の経路選択行動分析 松田浩一郎(立命館大学大学院)
塚口博司・竹上直也
64 都市鉄道の経路選択行動における最小知覚差の計測 加藤浩徳(東京大学大学院)
小野田恵一・家田仁
65 家事活動を考慮した生活行動分析 渡辺浩二(徳島大学大学院)
加藤研二・近藤光男・廣瀬義伸
66 個人の主観的評価を考慮した交通手段・目的地選択の分析 井若誠(徳島大学大学院)
加藤研二・近藤光男・廣瀬義伸
67 休日のアクティビティに着目した時間価値推定方法に関する研究 吉野広郷(国土交通省)
屋井鉄雄・福田大輔・イルワン プラセティヨ
68 地方都市における地区特性から見た滞留行動の要因分析 島岡明生(岡山大学大学院)
谷口守・池田大一郎
69 均衡配分法による道路網容量算定について 佐々木恵一(函館工業高等専門学校)
劉斌・阿部裕子・桝谷有三・斎藤和夫
70 車種別時間帯別確率的利用者均衡配分に関する実証的研究 伊藤慎兵((株)ニュージェック)
河上省吾
71 旅行時間の不確実性を考慮した交通ネットワーク均衡: 二項分布とポアソン分布を用いた確率ネットワーク均衡モデル 中山晶一朗(金沢大学)
高山純一・笠島崇弘
72 trAFFIC STATE ESTIMATION USING trAFFIC DATA FROM FIXED DETECTORSAND PROBE VEHICLES NANTHAWICHIT Chumchoke(北海道大学)
中辻隆・SUZUKI Hironori
73 Stability Analysis of Car Following Behavior Prakash Ranjitkar(北海道大学)
中辻隆・Yoichi AZUTA・Toshio Kamiizumi
74 ペトリネットシミュレータによるバス交通流シミュレーションの再現性検証 西村武敏(金沢大学大学院)
木俣昇
75 高速道路サグ部における渋滞予測モデルの構築 堀井雅史(日本大学)
戎谷隆
76 追従車の存在を考慮した自由走行速度分布の推定法 中村美保子(鳥取大学)
喜多秀行
77 交通事故発生時における交通流シミュレーションモデルの適用に関する考察 鷲見剛(岐阜大学大学院)
奥嶋政嗣・秋山孝正・小川圭一
78 時系列データによる交通ネットワークの右左折率推定に関する研究 仲野賢治(北海道大学大学院)
中辻隆・末松孝司
79 都市間高速道路における車群特性に関する研究 石田友隆(東京大学)
桑原雅夫・Edward Chung・Majid Sarvi
80 都市間高速道路単路部における渋滞定着要因に関する一考察 石田貴志(東京理科大学大学院)
野中康弘・石田貴志・内山久雄
81 街路網を対象としたミクロ交通流シミュレーションモデルの構築 松田真宜(長岡技術科学大学)
佐野可寸志・松本昌二
82 都市高速道路における交通管理施策評価のための交通シミュレーターの開発 奥嶋政嗣(岐阜大学)
大窪剛文・大藤武彦
83 消費者意識調査に基づく岡山県内主要商業地の評価構造分析 齋藤美和子(岡山大学)
阿部宏史・谷口守
84 消費者のライフスタイルに着目した商業施設の選択行動分析 花岡憲司((株)アボバ企画)
近藤光男・廣瀬義伸
85 土木事業に関する賛否世論の心理要因分析 矢野晋哉(京都大学大学院)
藤井聡・須田日出男・北村隆一
86 拡張型相対位置評価法における評価負担度の定量的分析−居住地域を評価対象として− 盛亜也子(北海道大学大学院)
鈴木聡士・加賀屋誠一
87 地下街利用者の心理特性から見た案内設備利用に関する研究 柳原崇男(近畿大学大学院)
三星昭宏・末續和正
88 雪国における歴史的変遷の構造分析と地域づくりに関する研究 山田高史((社)北陸建設弘済会)
丸山暉彦
89 歩行者の心理的負担を考慮した都市街路の交通安全対策の検討 中村典生(岐阜大学大学院)
武藤慎一・高木朗義
90 中心市街地における歩行空間整備の便益計測 藤澤友晴(京都大学大学院)
青山吉隆・中川大・松中亮治
91 盛岡市ゾーンバスターミナル整備の費用便益分析 島内肇子((株)日本能率協会総合研究所)
 
92 ミーティング外部性を考慮した最適道路整備 松島格也(京都大学大学院)
小林潔司
93 確率的インパルス制御アプローチによる有料道路料金変更法 棟方章晴(東北大学大学院)
大嶋孝史・赤松隆
94 社会基盤計画学における質的研究の適用可能性に関する一考察 小池則満(愛知工業大学)
深井俊英
95 ESTIMATION OF OPTION VALUES IN AN EXPRESSWAY PROJECT PREDA PICHAYAPAN(北海道大学)
岸邦宏・高橋清・佐藤馨一
96 生態学的視点から見た流域環境評価に関する基礎的研究 加来仁悟(九州工業大学大学院)
伊東啓太郎・光田靖
97 流域における戦略的環境アセスメントのアプローチに基づく計画評価システムの考察 加藤文昭(大阪大学大学院)
藤田壮・盛岡通
98 自然の干潟と人工なぎさに対する価値認識の差異に関する研究 柴有香(日本大学)
桜井慎一
99 米国のパブリック・インボルブメントマニュアルにみるプログラムの策定手順 馬場健司((財)電力中央研究所)
 
100 フランスの道路事業における第三者機関の役割に関する事例研究 岩佐賢治((財)計量計画研究所)
矢嶋宏光
講演
番号
論文名 著者名(所属)
連名者
101 居住者事後評価からみた道路計画におけるPI手法の研究 前川秀和(国土交通省)
高山純一・埒正浩
102 住民参加を前提とした地区交通計画手法の検討 椎名主税(国際航業(株))
中野英明・坂本邦宏・久保田尚
103 前橋市コミュニティバスの導入までの経緯報告 阿部浩之(前橋工科大学大学院)
湯沢昭
104 交通施策の社会実験から本格導入への移行過程に関する研究 川本義海(福井大学)
伊豆原浩二
105 P&BR社会実験参加の意思決定が帰属集団から受ける影響に関する研究 佐々木邦明(山梨大学大学院)
西井和夫・土屋勇太
106 金沢市大野町と輪島市の住民参加型まちづくりの住民意識の比較分析 米田亮(計画情報研究所)
中山晶一朗・高山純一・野々田知代・米田亮
107 拡張寄与ルール法(ECR法)による札幌都心部再生化の合意形成に関する研究 劉志鋼(北海道大学大学院)
日野智・岸邦宏・佐藤馨一
108 住民参加型の環境管理方法にとしてのアダプトプログラムの特徴 津賀高幸((株)ダイナックス都市環境研究所)
近藤隆二郎
109 ダム湖周辺をフィールドとした参加型ヤッホー調査プログラムの開発 福田景子((有)環境とまちづくり)
澤田俊明・花岡史恵・上月康則・山中英生
110 石垣やブロック塀で期待できる遮音能力について 隈清悟(千代田コンサルタント)
渡辺義則・伊東啓太郎・坂田洋行
111 道路交通騒音による不快感の時間帯別の分析 萩田賢司(科学警察研究所)
三井達郎
112 将来の自動車排出ガス規制による大気質改善効果の予測 大城温(国土技術政策総合研究所)
松下雅行・並河良治
113 中古車の地域間移動を考慮した地域別自動車保有・廃棄台数の推計方法の試作 布施正暁(中央大学大学院)
谷下雅義・鹿島茂
114 自動車リサイクルにおける鉄の循環構造の定量把握 土井康義(東北大学大学院)
稲村肇
115 地方都市圏における生ゴミ処理システム構想に関する実証的分析 −一般廃棄物処理合理化の一環として− 大友智(立命館大学)
春名攻・立花潤三・山本康史
116 自動車関連炭素税制策の国民経済的評価 武藤慎一(大阪工業大学)
森杉壽芳・上田孝行
117 地域の異質性を考慮した自動車関連税制が燃料消費量に与える影響分析 栗原崇晃(中央大学)
遠藤光太郎・谷下雅義・鹿島茂
118 道路交通による大気汚染死亡リスクの貨幣評価法に関する研究 今長久(中央大学大学院)
谷下雅義・鹿島茂
119 海面上昇による沿岸域の経済損失とその波及被害の計測 落合鋭充(名城大学大学院)
大洞久佳・大野栄治
120 鉄道路線跡地の再整備に関する一考察 −東急東横線渋谷駅−代官山駅間を事例として− 向井義貴(早稲田大学大学院)
 
121 国鉄跡地の売却と利用に関する実態把握 岡本寛子(日本大学大学院)
岸井隆幸
122 土地利用規制,交通施設整備が都市構造に与えた影響に関する分析−仙台都市圏を例に− 杉田浩((財)計量計画研究所)
谷下雅義・鹿島茂
123 持家世帯行動を考慮した将来交通所要時間の情報価値計測 鈴木温(国土技術政策総合研究所)
大門晃・宮本和明
124 SIGNIFICANCE AND UNCERTAINTY OF LAND−USE MODEL IN trAVEL DEMAND FORECAST: AN EMPIRICAL STUDY WITH trANUS SAPPORO Varameth Vichiensan(東北大学)
宮本和明・佐藤勝哉・塚原武士
125 岡山市における事業所立地の動態と移転要因の分析 芝大輔(岡山大学)
阿部宏史・谷口守
126 観光都市にみる中心市街地疲弊要因に関する考察 高橋厚信(法政大学大学院)
宮下清栄・高橋賢一
127 郊外型組合土地区画整理事業施行地区における地区計画の運用実態と課題 片岸将広(金沢大学大学院)
埒正浩・川上光彦
128 土地利用調整計画におけるゾーニングの実態 石塚塁(武蔵工業大学大学院)
中村隆司
129 市町村における要綱による事前指導と土地利用基本計画策定の試み ‐那須地域及び南那須町を対象として‐ 永井誠一郎(武蔵工業大学大学院)
中村隆司
130 韓国釜山市における容積規制の特性に関する研究 蔡星柱(福井大学)
川上洋司・本多義明
131 横浜市鶴見区都市マスタープランの策定過程と今後の活用方法に関する研究 昌子住江(関東学院大学)
市原直樹
132 開発発生モデルを用いた都市計画制度の評価に関する研究 島晃一(群馬大学大学院)
杉木直・青島縮次郎・古澤浩司
133 順位規模分布の概念を用いた地価形成モデルによる低・未利用地の影響評価に関する分析 田中孝(徳島大学大学院)
伊東大悟・廣瀬義伸・近藤光男
134 市町村合併における公共施設配置評価 Fauzy Ammari(大日コンサルタント(株))
石黒 靖規・岩田裕憲
135 APPLICATION OF FACTOR ANALYSIS TO IDENTIFY RESOURCE CHARACTERISTICS IN RURAL AREA OF INDONESIA MUHAMMAD RIDHO(九州大学)
JAWOTO SIH SETYONO・QIANG LI・角知憲
136 顧客分布と共同化形態に着目した都市内共同集配送の効果と成立に関する分析 山田忠史(広島大学大学院)
谷口栄一
137 所要時間の変動を考慮した到着時間指定付き配車配送行動の評価 芳村洋平(広島大学大学院)
山田忠史・茂里一紘・京谷百恵
138 リアルタイム所要時間情報を活用したトラックの動的配車配送計画に関する研究 谷口栄一(京都大学大学院)
嶋本寛
139 都心商業地区における動的な集荷スケジュール決定モデルの構築と集配送活動の合理化 鈴木正隆(立命館大学大学院)
塚口博司・西脇康次
140 近畿圏におけるトラック事業所の空間分布特性の分析と立地モデルの作成 田中康仁(広島商船高等専門学校)
小谷通泰・原田亜紀子
141 貨物車の運行管理システムの開発と実証実験による評価 小谷通泰(神戸商船大学)
吉井正明・平位太朗
142 外貿コンテナ貨物の国内端末輸送パターンが荷主の港湾選択に与える影響の分析 秋田直也(神戸商船大学)
小谷通泰・山本陽平
143 北海道−本州間における鉄道貨物輸送量平準化の実現可能性とその効果 武村譲(北海道大学大学院)
日野智・岸邦宏・佐藤馨一
144 A Study on Highway Logistics problem from Dhaka to Chittagong in Bangladesh Chowdhury A.R.M.M.(北海道大学大学院)
岸邦宏・佐藤馨一
145 都市間鉄道旅客輸送のサービス改善に資するマーケティング方策の検討 加藤渉(東海旅客鉄道(株))
寺部慎太郎・水口昌彦
146 北陸新幹線米原接続時における東海道新幹線の列車ダイヤ案に関する研究 波床正敏(大阪産業大学)
西浦智・阿部裕也
147 いわて銀河鉄道青山町新駅設置のための鉄道サービスレベルの検討 舛岡圭(岩手大学大学院)
岩佐正章・佐々木栄洋・安藤昭
148 自転車歩行者道の形態の違いが自転車の走行挙動に及ぼす影響 田中俊輔(日本大学)
小柳純也・木戸伴雄・高田邦道
149 路面の凹凸が自転車走行と安全性に及ぼす影響に関する研究 北澤淳(宇都宮大学大学院)
古池弘隆・森本章倫
150 都心部における自転車の走行環境の評価に関する研究 松丸未和(横浜国立大学大学院)
大蔵泉・中村文彦・平石浩之
151 プローブバイシクルを用いた自転車利用環境の評価 土岐源水(徳島大学)
山中英生・二神彩・亀谷一洋
152 進化・多様化する私的短距離交通手段の共存性に関する考察 寺島忠良(茨城大学)
金利昭・白坂浩一
153 共存性分析のための私的短距離交通手段の新しい評価値の設定 白坂浩一(宮崎県)
金利昭
154 Sustainable transportation − system diagnosis using neural networks Dalve A. Soria Alves(名古屋工業大学)
山本幸司・Yaeko Yamashita・秀島栄三
155 直線近似された車両軌跡からの排出量推計手法 小根山裕之(東京大学生産技術研究所)
大口敬・赤羽弘和・桑原雅夫
156 ショートトリップを用いた自動車からの環境負荷量の分析 森山修(中央大学大学院)
田川敬介・谷下雅義・鹿島茂
157 都市高速道路S曲線部における注視挙動と運転行動 門間健(武蔵工業大学大学院)
岩崎征人・古市朋輝
158 薄暮時おけるライト点灯率と交通特性に関する研究 鈴木薫(豊田工業高等専門学校)
荻野弘・野田宏治
159 新しく提案する交差点名称補助標識の視認性比較実験 川口宗良(高知工科大学)
吉井稔雄・松平健
160 無信号横断歩道における歩車錯綜時の安全性評価 尾崎龍樹(大阪市立大学大学院)
日野泰雄・吉田長裕・上野精順
161 高齢者のモビリティ確保のための電動車いす利用に関する研究 北川博巳(東京都老人総合研究所)
溝端光雄
162 若年ドライバーの性格と交通事故との関連分析 星野貴之(大同工業大学)
嶋田喜昭・舟渡悦夫・伊豆原浩二
163 カレンダー情報を利用した本四架橋交通量の時系列分析 井上英彦(広島大学大学院)
塚井誠人・奥村誠
164 高速道路網の形成に伴う利用交通量変動に関する長期時系列分析 小林三恵(岡山大学)
岸田康治・阿部宏史・谷口守
165 国道2号バイパスの無料開放が交通行動にもたらした影響 中川真治((社)システム科学研究所)
浅井加寿彦・眞浦靖久・那須清吾・波多野真樹
166 高速交通空白地域における都市間交通サービスの評価 日野智(北海道大学大学院)
岸邦宏・佐藤馨一
167 都市間夜行高速バスの利用形態に関する判別要因分析 小林剛(山梨大学大学院)
西井和夫・佐々木邦明
168 OD交通からみた市町村間自動車交通流動の特性について 桝谷有三(専修大学北海道短期大学)
下タ村光弘・浦田康滋・田村亨・斉藤和夫
169 戦略交通モデルを用いた都市交通政策パッケージの最適化 冨田安夫(神戸大学)
寺嶋大輔・片山哲平・中村誠吾
170 利用者の満足度を考慮した都市交通マスタープラン策定について−徳島都市圏を対象にして− 中野雅也(パシフィックコンサルタンツ(株))
山中英生
171 九州大学新キャンパスの交通計画 外井哲志(九州大学)
 
172 PHSシステムを用いた狭域での消費者回遊行動追跡のための位置特定手法 岡本篤樹((株)都市交通計画研究所)
朝倉康夫・内田敬・近藤勝直・田名部淳
173 メンタルマップアプローチの都市内回遊行動分析への適用 山下依子(愛媛大学)
羽藤英二・森三千浩・柏谷増男
174 都市内回遊行動評価のための空間データマイニング 羽藤英二(愛媛大学)
中西雅一・寺谷寛紀・柏谷増男
175 バス利用モニター実験によるバス評価の変化とバス利用意向との関連分析 柳澤一貴(群馬大学大学院)
青島縮次郎・金井昌信・杉木直
176 コーディネーター方式によるエコ交通運動の取り組み 橋本康成(金沢市役所)
谷享・高山純一・出口正
177 高校生は交通のコストをどう見ているか:交通教育のパイロット研究 岡村和子(科学警察研究所)
Sally Cairns
178 社会的ジレンマからみた路上駐車問題に関する研究 竹内大一郎(国土交通省)
室町泰徳・原田昇・太田勝敏
179 心理的要因を加味した駅前駐輪行動時の社会的費用に関する研究 椿高範(東京大学大学院)
原田昇・太田勝敏
180 社会的相互作用の影響に関するミクロ計量分析:自転車駐輪行動をケース・スタディとして 福田大輔(東京工業大学大学院)
上野博義・森地茂
181 地図から詳細な交通ネットワークデータの作成システム 李燕(立命館アジア太平洋大学)
 
182 道路容量のパラドクスに関する再考察 村上公一(愛媛大学大学院)
羽藤英二
183 危険物輸送を考慮した道路ネットワークのリスク評価 朝倉康夫(神戸大学大学院)
羽藤英二・青山洋・伊藤龍秀
184 気象・路面状況が個人の経路選択効用に及ぼす影響 神田佑亮(オリエンタルコンサルタンツ)
藤原章正・折田仁典・佐藤哲也
185 所要時間信頼性が手段選択・経路選択に与える影響に関する研究 村上岳司(東京大学大学院)
原田昇・太田勝敏
186 緊急情報による迂回経路の選択行動分析と誘導効果指標の提案 柳沢吉保(長野工業高等専門学校)
高山純一・内藏学
187 A METHODOLOGY FOR DATA CLEANSING AND trIP END IDENTIFICATION OF PROBE VEHICLES Majid Sarvi(東京大学)
Edward Chung・村上康紀・堀口良太
188 移動体位置情報を用いた交通行動シミュレーションモデルの開発 杉野勝敏((株)都市交通計画研究所)
朝倉康夫・羽藤英二
189 リアルタイム位置データを基にしたクローンシミュレーション:ワールドカップ札幌会場におけるケーススタディ 羽藤英二(愛媛大学)
白石岳・高野精久・丸山隆英・三谷卓摩
190 不可逆性を有する計画コンフリクトにおける主体の初動モデル 榊原弘之(山口大学)
河上伸一
191 建設発生土再利用のための主体間マッチングに関する基礎的考察 林口暢高(名古屋工業大学)
秀島栄三・山本幸司
192 PF事業のためのインセンティブ契約モデル:オプションゲームアプローチ 織田澤利守(京都大学大学院)
小林潔司
193 GISによる道路台帳管理の意義と課題 奥村誠(広島大学)
 
194 軌道メンテナンスへのウェーブレット理論の適用と可能性について 白川龍生(北見工業大学)
川村彰・上浦正樹・中辻隆
195 デザインビルド方式における設計責任ルールとインセンティブ 大西正光(京都大学大学院)
大本俊彦・小林潔司
196 都市圏レベルの応用一般均衡モデルの開発と応用 小池淳司(鳥取大学)
河野貢・石川良文・上田孝行
197 地域内産業連関表を用いた都道府県間産業連関表の作成とその利用 清水美帆(岐阜大学大学院)
宮城俊彦・石川良文・由利昌平
198 不完全競争下における交通施設整備の便益計測 岸昭雄(東北大学大学院)
河野達仁・森杉壽芳
199 義務教育課程における「まちづくり学習」の支援体制に関する研究 片石圭介(早稲田大学大学院)
赤松宏和・中川義英
200 「吉野川学習交流WS」にみる河川を利用した総合的な学習における関係者等の役割についての一考察 花岡史恵((有)環境とまちづくり)
澤田俊明・上月康則・山中英生・湯佐昭二
201 公共的問題を題材とした「総合的な学習の時間」の是非について 藤井聡(東京工業大学)
 
202 道路公害を対象とした環境教育の教材開発と実践 松村暢彦(大阪大学大学院)
松井克行・片岡法子
203 土木および土木教育における石積みの役割 三宅正弘(徳島大学)
藤田愛・山中英生
204 デンマークの計画システムと地域計画(Regional Plan)策定プロセスについて−北ユトランド地域計画を事例として− 吉武哲信(宮崎大学)
 
205 ブレア政権の新交通政策とイングランドの交通計画システムの変化 加藤浩徳(東京大学大学院)
 
206 産業構造改革を踏まえた工業団地再開発事業 岩本直(地域振興整備公団)
 
207 水資源開発計画における開発と環境の集団コンフリクトに関するモデル分析 坂本麻衣子(京都大学大学院)
萩原良巳
208 水融通権の契約制度の設計と渇水リスク軽減効果の分析 谷本圭志(鳥取大学)
森田浩和
209 節水と地域間の水取引による渇水リスク分散方法の検討 岡徹(岐阜大学大学院)
高木朗義
210 災害リスクの認知構造と災害保険市場の成立可能性に関する一考察 江崎史昭(鳥取大学大学院)
横松宗太・喜多秀行
211 災害リスクマネジメントに基づいた総合治水対策の評価モデルの構築 吉田正卓(岐阜大学大学院)
高木朗義
212 存続可能性を制約条件とした自然災害保険システムの設計方法に関する研究 NGUYEN PHUC DINH(京都大学防災研究所)
多々納 裕一・岡田 憲夫
213 緊急給水に対する事前防災対策の効果分析 中島和樹(広島大学大学院)
奥村誠・塚井誠人
214 防災行政と自主的防災行動に対する京都市民の重要性認知分析 梯上紘史(京都大学大学院)
菊池輝・藤井聡・北村隆一
215 斜面対策投資における鉄道事業者のリスク評価特性の計測 柴崎隆一(国土技術政策総合研究所)
大川剛思・家田仁
216 ファジィ積分を用いた橋梁の景観評価に関する研究 中野和幸(北海道大学大学院)
加賀屋誠一・内田賢悦・萩原亨
217 沿岸域景観の恒常性特性に関する研究 岡田昌彰(東京大学)
鈴木武
218 山間部の外部景観に対する法面,擁壁,覆道の知覚過程 五十嵐淳博(東北大学大学院)
平野勝也
219 周辺都市に配慮した河川景観形成に関する一考察 西村渉(熊本大学大学院)
星野裕司・小林一郎
220 都市河川近傍における歩行者の景観体験分析 青井克志(熊本大学 大学院)
星野裕司・小林一郎
221 公園・広場の利用者行動分析 北山剛(東北大学)
平野勝也
222 吉田山丘陵地における文化的領域の景観構成に関する研究 出村嘉史(京都大学大学院)
川崎雅史
223 京都の社寺・庭園境内の敷地利用について −地形的分析による空間評価− 江守央(日本大学)
伊澤岬・山本和清・氷室正義
224 世界遺産の敷地利用について −地形的分析による空間評価− 田島敬悟(日本大学)
伊澤岬・江守央・大沼郁俊
225 避難港における避難船挙動シミュレーションの開発 樋口直人(東北大学大学院)
稲村肇
226 船舶航行実態調査の解析方法に関する研究 奥山育英(鳥取大学)
市村靖彦・細谷涼子
227 GPS利用による操船支援システムの開発 細谷涼子(鳥取大学)
奥山育英・杉山延明
228 マルチユーザコンテナターミナルにおける本船荷役作業時間推定モデルの構築 西村悦子(神戸商船大学)
今井昭夫・趙白・金子仁
229 大型岸壁クレーンによるコンテナ荷役の実測とシミュレーション分析 鈴木武(国土技術政策総合研究所)
樋口直人・佐藤栄治
230 埠頭へのITS技術の導入による物流効率化に関する一考察 吉江宗生((独)港湾空港技術研究所)
 
231 港湾24時間フルオープン化による効果に関するシミュレーション 辻俊昭((株)野村総合研究所)
工藤憲一・黒田勝彦・永井一浩
232 港湾貨物量による港格の分類に関する研究 戸田宏志(鳥取大学大学院)
奥山育英・伊東伸悟
233 港湾政策・開発が東アジア海上コンテナ貨物輸送市場に与える影響分析‐ベトナム・ホーチミン港の場合‐ 宮脇信英(神戸大学大学院)
黒田勝彦・竹林幹雄・宮地賢次
234 国際海上貨物流動量推計手法の精度改善に関する研究 小坂浩之(中央大学)
谷下雅義・鹿島茂
235 SNA体系に基づく多部門貿易モデル 石倉智樹(国土技術政策総合研究所)
稲村肇
236 貨物の異種性を考慮した均衡型貿易モデルの開発 小八重晴子(神戸大学)
黒田勝彦・竹林幹雄・藤田智喜
237 分かりやすさを考慮したバス路線網改編に関する研究 林良太郎(東京大学)
原田 昇・太田 勝敏
238 主要施設の移転に伴うバス路線網再編システムの構築 原口友心(金沢大学大学院)
高山純一・中山晶一朗・加藤隆章
239 広域バス路線の補助金負担に関する合意形成過程と公平性のゲーム論的分析 鎌仲彩子(鳥取大学大学院)
谷本圭志・喜多秀行
240 地方都市における交通施策の評価とその成功要因に関する考察 山崎基浩((財)豊田都市交通研究所)
伊豆原浩二・秀島栄三・山本幸司
241 コミュニティバスのサービス水準向上が利用実態に及ぼす影響−愛知県日進市「くるりんばす」の運行サービス変化を事例として− 磯部友彦(中部大学)
 
242 フレックス型の中村まちバスの利用特性とサービスの質に関する基礎的研究 金載−(東京都立大学)
秋山哲男
243 バス非利用者のバス路線に対する認知度を考慮した今後のバス利用意向とバス路線存続意向との関連分析 金井昌信(群馬大学大学院)
青島縮次郎・杉木直
244 鉄道と連結して運行されるシャトルバスの利用動向分析 樋口景子(群馬大学)
青島縮次郎・杉木直・金井昌信
245 新たなバスサービス導入に向けた交通機関選択調査に関する研究 田邊慎太郎((社)北海道開発技術センター)
原文宏・徳織智美・伊藤信之・若菜千穂
246 都市バス輸送におけるインフラ整備に関する研究課題と考察 中村文彦(横浜国立大学大学院)
 
247 利用者ニーズに対応した到着時刻予測に基づくバス情報システムの実用的開発 坂本邦宏(埼玉大学)
菅野光司・久保田尚・谷島賢
248 LRT推進を目的とした市民団体の活動に関する研究 田畑喜功(近畿大学)
平田暁彦・三星昭宏
249 都市交通としてのLRV(低床式路面電車)導入に関する利用者意識の一考察 中野雅弘(大阪産業大学)
太田智・大島秀樹
250 加速度歪度を用いた運転特性の検討 井上健士(日立製作所日立研究所)
横田孝義
251 北海道における冬期物損交通事故の損失金額推計に関する研究 村井勝(北海道大学大学院)
岸邦宏・藤原隆・佐藤馨一
252 ASEAN諸国における道路交通安全施策の動向 湯田坂幸彦(国際建設技術協会)
山本巧・上田敏・湯田坂幸彦・サムエル バロン
253 交通計画支援ツールとしてのインターネット調査システムの開発 −キャンパス移転に伴うアクセス交通を対象に− 青野貞康(東京大学大学院)
原田昇・太田勝敏
254 一時停止を伴う合流部における走行支援情報提供実験 清水哲夫(東京大学)
浅野美帆・森地茂
255 交通信号制御の高度化のための交通流検出新技術の活用性について 鈴木弘司(名古屋大学大学院)
中村英樹・彦坂崇夫
256 中国地方の地域ITSの整備状況と歩行者ITSの整備効果 周藤浩司(中電技術コンサルタント(株))
藤原章正・杉惠頼寧・正木俊英
257 ETC車載器の普及に関する研究 岡本直久(筑波大学)
石田東生・佃晋太郎・古屋秀樹
258 音声による歩行者経路誘導に関する基礎的研究 −梅田地下街音声ナビゲーション実験を事例として− 武井邦彦(パシフィックコンサルタンツ(株))
田中貢・太田誠三・三星昭宏・末續和正
259 簡易感知器とプローブカーデータを用いた片側交互通行信号制御システムの構築 片岡源宗(高知工科大学)
吉井稔雄・西内裕晶
260 リアルタイムモデル規範信号制御のための遅れ時間算出方法 浅野美帆(東京大学)
中島章・堀口良太・小根山裕之・桑原雅夫
261 運転挙動の計測システム搭載実験車両とデータ処理システムの開発 西川功(東京大学生産技術研究所)
野田隆・桑原雅夫・赤羽弘和・大口敬
262 主観的評価を考慮した渋滞判定に関する基礎的研究 甲斐慎一朗(筑波大学大学院)
石田東生・岡本直久・古屋秀樹
263 ファジィ交通行動モデルを用いた混雑料金政策の評価 小澤友記子(岐阜大学大学院)
秋山孝正・奥嶋政嗣・高羽俊光
264 Nested Logit型確率的利用者均衡条件下での最適混雑料金 円山琢也(東京大学大学院)
原田昇・太田勝敏
265 Sensitivity Analysis and Optimal Pricing ona Bi−modal Network with Scale Economies Ying, Jiang Qian(岐阜大学)
 
266 動的な限界費用に関する一考察 桑原雅夫(東京大学)
井料隆雅
267 東京23区ロードプライシング導入に伴う交通運用政策に関する研究 村上康紀(東京大学)
小根山裕之・桑原雅夫
268 世界遺産・白川郷への駐車場情報・予約システムの導入効果 久保田尚(埼玉大学大学院)
坂本邦宏・吉田豊・鈴木裕暁
269 イベント時のパークアンドバスライドに関する研究 YILMAZ CIHAT(名古屋工業大学)
藤田素弘
270 スマート札幌ゆき情報実験2002 −冬期気象条件に応じた交通需要マネジメントに向けて− 加治屋安彦((独)北海道開発土木研究所)
山際祐司・加賀谷英和・浜田誠也・山口敏之
271 自動車・鉄道の分担を考慮したフレックスタイム制度下の最適通勤・始業時刻分布の分析 吉村充功(広島大学大学院)
奥村誠
272 世帯の交通行動に対する自動車共同利用システムの影響に関する分析 望月啓明(横浜国立大学大学院)
大蔵泉・中村文彦・平石浩之
273 観光期P&BR実施時の情報提供に関する一考察 太田正文(金沢大学)
高山純一・柳沢吉保・中山晶一郎・中野泰啓
274 自動車利用抑制キャンペーンの効果サイズの規定要因:認知的不協和理論に基づく実験研究 酒井弘((社)システム科学研究所)
藤井聡・呉戈
275 行動プラン法による行動変容 藤井聡(東京工業大学)
 
276 地方都市における交通手段使い分け行動の実態と免許返納意識との関連分析 小住剛太郎(群馬大学大学院)
青島縮次郎・杉木直・古澤浩司
277 SP調査設計のガイドライン 三古展弘(名古屋大学大学院)
Andrew Daly・Eric Kroes
278 行動意図法(BI法)による交通需要予測の適用事例 藤井聡(東京工業大学)
 
279 歩行者の回遊状況からみた駐車場勢圏に関する研究*−高崎市を事例として− 赤松宏和(早稲田大学)
松下直哉・中川義英
280 路上駐車車両の路外への転換可能性に関する研究 小早川悟(日本大学)
高田邦道・椎名啓雄
281 市街地における駐車場選択行動に与える街路環境の影響 吉田樹(東京都立大学)
竹内伝史・秋山哲男
282 小京都の魅力に関する観光担当職員の意識実態 和田章仁(福井工業大学)
 
283 南紀熊野地域における観光行動に関する考察 伊藤雅(和歌山工業高等専門学校)
中原清志
284 大規模野菜景観に着目した地域づくりに関する研究 三浦和夫(徳島大学)
山中英生・三宅正弘
285 ミクロ交通シミュレーションの参加型交通計画への適用 飯田裕三(中央復建コンサルタンツ株式会社)
森津秀夫・三谷哲雄・野寺寿雄
286 ミクロシミュレーションを用いた渋滞転移の再現と対策の効果 青木宣行((株)シー・アイ・エス)
サーカー・J・モーシン・森本章倫
287 高速道路の設計協議における3DCGビューアーの適用 安時亨((株)オーデックス)
米川英雄
288 交通流ペトリネットシミュレータの計画代替案展開支援システム化研究 中村彰彦(金沢大学大学院)
木俣昇
289 Benefit of traveler information boards (VMS) Enrique Alarcon(東北大学大学院)
森杉壽芳・岸昭雄
290 ナビゲーション情報を考慮した都市道路網における経路誘導効果に関する分析 小川圭一(立命館大学)
秋山孝正
291 Travel Time Prediction on expressways using traffic detectors Shamas ul Islam Bajwa(東京大学大学院)
Edward Chung・桑原雅夫
292 走行イベント単位でのプローブデータ記録方式の効用 堀口良太((株)アイ・トランスポート・ラボ)
 
293 断片的なプローブ軌跡の接合による区間旅行時間の期待値と分散の推定 上杉友一(東京大学大学院)
井料隆雅・小根山裕之・堀口良太・桑原雅夫
294 プローブデータのクレンジング処理と車種別の運行特性分析 堀口良太((株)アイ・トランスポート・ラボ)
清水行晴・金崎貴文・岡村明彦・上田憲道
295 高齢者の歩行案内システムの評価と行動時間の関係に関する研究 小倉俊臣((財)豊田都市交通研究所)
野田宏治・栗本譲
296 交通ネットワーク分析を用いた道路交通情報提供システム導入効果の評価 溝上章志(熊本大学)
 
297 都市属性による交通情報提供効果の相違に関するモデル分析 鈴木弘司(名古屋大学大学院)
渡辺剛史・中村英樹・加藤博和
298 心拍間隔指標を用いた長距離運転時のストレス計測実験と解析 土川奏(芝浦工業大学大学院)
岩倉成志・安藤章
299 一般道路と高速道路の合流部におけるギャップ選択判断要因分析とモデルの構築 西啓介(金沢大学大学院)
高山純一・中山晶一朗・住友拓哉
300 織込み部における車線変更車の加・減速調節モデルに関する研究 賓美營(京都大学大学院)
飯田恭敬・宇野伸宏
301 交通流ビデオ解析システムを用いた交通コンフリクト分析と新しい危険度評価指標の開発 若林拓史(名城大学)
高橋吉彦・新美栄浩
302 地方政府のアカウンタビリティと住民行動 坂本直樹(東北大学)
林山泰久
303 公共事業の説明責任と意思決定のための会計的手法 北詰恵一(関西大学)
宮本和明・佐藤有希也
304 雪対策事業におけるリスクファイナンシングの導入効果 岸邦宏(北海道大学大学院)
塚原沙智子・原文宏・佐藤馨一
305 社会資本整備における社会的割引率に関する研究 阪田和哉(東北大学大学院)
林山泰久
306 動学的不確実性下でのプロジェクト価格評価:逆問題アプローチ 長江 剛志(東北大学大学院)
赤松隆
307 事前評価と事後評価の役割 福本潤也(東京大学大学院)
 
308 企業会計手法を援用した公会計における社会資本評価方法の提案 佐藤有希也(東北大学)
北詰恵一・宮本和明
309 下水道施設の効率性評価法 北濃洋一(京都大学大学院)
渡辺晴彦・小林潔司
310 財務諸表による地方自治体の公共事業評価に関する研究 三澤勉(室蘭工業大学)
田村亨
311 非線形効用関数を用いたAHS整備のコンジョイント分析 橋田将季(岐阜大学大学院)
武藤慎一・秋山孝正・高木朗義
312 相乗効果を考慮した複数プロジェクトの経済評価 大洞久佳(名城大学大学院)
大野栄治
313 独占的競争を考慮したCGEモデルの開発−マクロ集計データからの費用便益分析の提案− 小池淳司(鳥取大学)
上田孝行・岸本達彦
314 社会基盤整備による豊かさの要素変化に関する研究 浜岡秀勝(秋田大学)
高橋誠・清水浩志郎
315 都市計画を生活者のQuality of Lifeから評価するためのドラマ化手法の開発 安江幸彦(名古屋大学)
林良嗣・加藤博和・加知範康
316 Evaluation model on residential environment quality of local city considering personal residential preference −a case study of Saga 葛堅(佐賀大学)
外尾一則
317 都道府県間情報交流における構造変化の統計的検証 塚井誠人(広島大学大学院)
奥村誠
318 地域間交流に対する交通と情報通信の役割の比較分析 井口正史(中津川市役所)
片谷教孝
319 複数経路を考慮した鉄道・航空ネットワークの評価 枦元淳平(広島大学大学院)
塚井誠人・奥村誠
320 地方都市における中心市街への居住誘導施策の効果に関する考察 古澤浩司(群馬大学大学院)
杉木直・青島縮次郎
321 郊外居住に着目した公共領域での娯楽活動に関する考察 前田敬(京都大学大学院)
福井賢一郎・北村隆一
322 日本の既成市街地におけるテラスハウスによる再整備の可能性の検討 五十島忠(名古屋大学大学院)
林良嗣・加藤博和・吉岡美保
323 住民参加の公園づくりについて−ワークショップによるプロセスプランニングの事例として− 古賀貴典(九州大学大学院)
坂本紘二・武林晃司・外井哲志
324 小公園における愛護活動の実態と活性化への方策に関する一考察 塚田伸也(前橋工科大学大学院)
湯沢昭
325 公園計画プロセスへの住民参加に関する研究 模型製作を通した子どもの描く公園イメージの把握(1) 伊東啓太郎(九州工業大学)
久保一世・津田佐知子・藤原勝紀・J.F.Benson
326 宮守川河川広場整備計画のワークショップについて 出口清悦((財)岩手県土木技術振興協会)
竹内重徳・小沢光
327 東広島市における芸予地震の被害と防災意識に関する研究 高井広行(近畿大学)
 
328 地震による津波被災を想定した避難施設評価に関する実証分析−須崎市を対象として− 山口満(徳島大学大学院)
竹内光生・近藤光男・廣瀬義伸・高橋啓一
329 時空間情報システムを用いた人間活動分布の潜在的危険度評価に関する研究 梶谷義雄(電力中央研究所)
岡田憲夫・多々納裕一・本久仁美
330 ペトリネットシミュレータの避難シミュレーションへの適用化研究 二神透(愛媛大学)
木俣昇
331 密集市街地における避難所に関する研究 坪内崇(日本大学大学院)
肥田利弘・岸井隆幸
332 地震による道路区間閉塞を考慮した避難経路の分析 −須崎市を事例として− 竹内光生(高知工業高等専門学校)
近藤光男
333 旅行時間費用を考慮した災害時における交通行動に関する研究 内田賢悦(北海道大学大学院)
若山裕司・加賀屋誠一
334 無線LANを用いた自然災害危機管理模擬訓練システムの構築 橋本淳也(八代工業高等専門学校)
小林一郎・橋本淳也・菊池良介
335 市街地における水害シミュレーションを用いた地下水害対策に関する研究 梶田佳孝(九州大学)
平川慎一郎・外井哲志
336 地方自治体における全庁型GIS導入及び共有データ整備手法に関する研究 武藤俊史(群馬大学大学院)
杉木直・青島縮次郎
337 既存人口データから100mメッシュ人口データへの変換方法に関する一考察 原田泰行(東京理科大学大学院)
日比野直彦・内山久雄
338 建物立地分布の3次元可視化のための用途・階数別建物予測モデルの試み 寺嶋大輔(神戸大学大学院)
冨田安夫・黒田大心
339 ランドサットデータを用いた演算指標による土地被覆の把握手法の検討 天野智順(富山県立大学)
二ノ宮孝章・炭谷七恵
340 藩政時代初期の鷹巣盆地における新田開発と地域開発 川村公一(国土交通省)
清水浩志郎・木村一裕
341 氾濫原における農村集落の立地メカニズム 土橋悟(東京大学大学院)
篠原修・福井恒明
342 都市造営家豊臣秀吉の合理性観念に関する研究 岩崎義一(大阪工業大学)
三國宣仁
343 日本の幹線鉄道ネットワークにおけるインターオペラビリティ形成 浅見均(日本鉄道建設公団)
日野智・佐藤馨一
344 京都嵐山における鉄道を基軸とした郊外形成に関する研究 田中尚人(京都大学大学院)
川崎雅史・守津真麻
345 丘陵地に立地するキャンパスの空間利用について −地形的分析による史的考察− 伊澤岬(日本大学)
江守央・山本和清・不破一郎
346 都市空間認知の視点によるモバイル端末が提供する経路案内情報に関する研究 広瀬美和((有)住吉工業所)
石井信行・永冶武志
347 回想分析を用いた旧街道商店街の街路イメージの分析 亀谷一洋(徳島大学大学院)
山中英生・三宅正弘
348 人脳の成熟度と都市の胎生的進化のアナロジーについて 山田行介(岩手大学)
安藤昭・山田行介・赤谷隆一・佐々木栄洋
349 深せん市海上世界地区計画と運河の設計 横松宗治((株)日本ランドデザイン)
 
350 岩手公園からの岩手山の眺望確保のための建築物の形態制限について 中里佳行(岩手大学大学院)
安藤昭・佐々木栄洋・赤谷隆一
351 企業のマーケティング論から見た景観整備事業の評価 吉森新平(東建コーポレーション(株))
石井信行
352 地区計画制度と建築協定制度の景観向上効果−住民参加に着目して− 高尾忠志((株)アトリエ74建築都市計画研究所)
篠原修
353 公共交通機関の停留所立地が徒歩圏人口に与える影響に関する研究 松橋啓介(国立環境研究所)