土木計画学研究発表会・講演集

2002年 第25回

発表プログラム形式(Excelファイル)


講演番号 論文名 著者名(所属)
連名者
1 路線バスの規制緩和と自治体の責務 竹内伝史(岐阜大)
 
2 都市部のバス交通に関する研究課題 中村文彦(横浜国立大)
 
3 地方部のバス交通に関する研究課題 喜多秀行(鳥取大)
 
4 コミュニティ交通育成の社会的意義と課題 新田保次(大阪大)
 
5 バス非利用者のバス路線に対する不認知度と今後のバス利用意向との関連分析 金井昌信(群馬大)
青島縮次郎・杉本直
6 盛岡市ゾーンバスシステムに関する調査 元田良孝(岩手県立大)
中野孝之助・鳥居喜朗
7 公営バスと参入する民営バスの事業戦略に関するゲーム分析 秀島栄三(名古屋工大)
 
8 バス輸送の路線別生産性評価手法の構築 柿本竜治(熊本大)
溝上章志
9 カーシェアリングの本格展開に向けた実務的検証 平石浩之(横浜国立大)
大蔵泉・中村文彦
10 業務交通を対象としたカーシェアリング実証実験 谷口栄一(京都大)
 
11 相乗り型カーシェアリングシステム評価モデルの提案 張 峻屹(パシフィックコンサルタンツ)
杉恵頼寧・藤原章正
12 再配車によらない電気自動車の共同利用システムの規模拡大時の挙動の分析 山本俊行(名古屋大)
北村隆一・中山晶一朗
13 車両共同利用システムの配車のシミュレーション 島崎敏一(日本大)
下原祥平
14 中国自動車道宝塚トンネル付近の渋滞発生時の交通現象に関する研究 矢嶋尚彦(日本道路公団)
明道俊治・辻光弘・森康男
15 高速道路におけるサグ渋滞の顕在化要因分析 渡辺亨(日本道路公団)
山岸将人・平井章一・泉正之
16 首都高速道路の合流部における交通容量の分析 割田博(首都高速道路公団)
森田綽之、植田和彦、野間哲也
17 交通量感知器データを用いたマクロ交通流特性についての一考察 倉内文孝(京都大)
飯田恭敬・嶋田博文・Queiroz Isabela
18 飽和交通流率の基本値変動の実態解析 鹿田成則(東京都立大)
片倉正彦・大口敬・河合芳之
19 右折率を考慮した交差点容量の推計 吉井稔雄(高知工科大)
 
20 交通調査データの整備と今後の展開 毛利雄一(IBS)
 
21 都市圏PT調査データの整備と活用 中野敦(IBS)
 
22 道路交通センサスデータの整備と活用 和久井博(社会システム)
 
23 大都市交通センサスデータの整備と活用 工藤(ライテック)
 
24 物流センサスデータの整備と活用 山口(日通総研)
 
25 全国PT調査の経緯と概要 長瀬龍彦(国土交通省)
高柳百合子
26 交通エネルギー消費の推移と都市構造に関する研究 森本章倫(宇都宮大)
古池弘隆
27 行動群に着目した都市における滞留特性に関する研究 池田大一郎(岡山大)
谷口守・久田由佳
28 全国PT調査の活用について 森田哲夫(IBS)
原田昇
29 ITの進歩が物流交通に及ぼすインパクト予測とその評価手法に関する研究 谷口栄一(京都大)
根本敏則・小谷通泰・山田忠史・飯田祐三
30 ITを活用した搬入車両の路上待機削減システムの開発 西宮良一(運輸政策研究機構)
玉井真一・服部尚道
31 車種・燃料種別均衡配分による首都圏貨物車交通政策の影響分析 兵藤哲朗(東京商船大)
高橋洋二・苦瀬博仁・西脇正倫・森慶彰
32 企業行動構造を明示的に考慮した大都市圏物流施策評価マクロモデルの構築 細谷涼子(アジア工科大)
家田仁・福田敦・佐野可寸志・井上洋一
33 Web統合配車システム(R)による改善効果とシステム構築における問題点 橋本忠夫(サントリー)
佐藤馨一
34 建設産業における静脈物流システムの構築 中村裕幸(清水建設)
 
35 交通計画の視点に基づくロジスティクスモデルの概観 山田忠志(広島大)
 
36 交通行動分析と意思決定のモデル化 西野至(都市交通計画研)
佐々木邦明
37 ランダム効用理論と精神物理学からの動物選択行動研究への示唆 藤井聡(東京工大)
竹村和久
38 選択行動モデルへの社会的相互作用の導入可能性 福田大輔(東京工大)
上野博義・森地茂
39 意思決定方略の仮説が個人行動モデルに及ぼす影響の実証的分析 倉内慎也(名古屋大)
三古展弘・森川高行・大橋聡子
40 アクティビティダイアリーデータの生活行動分析への適用性 西井和夫(山梨大)
佐々木邦明・今尾友絵
41 世帯時間配分理論の提案 張 峻屹(パシフィックコンサルタンツ)
 
42 IT時代のアクティビティデータの収集・活用 大森宣暁(東京大)
 
43 生活活動シミュレータによる交通需要予測の有効性と限界 藤井聡(東京工大)
 
44 ライフスタイルからみた個人交通行動に関する基礎的考察 水谷香織(岐阜大)
秋山孝正
45 行動の変化を明示的に考慮した交通機関選択モデルの提案 張 峻屹(パシフィックコンサルタンツ)
杉恵頼寧・藤原章正
46 tdMの心理的方略”TFP”の手法と効果に関する研究 谷口綾子(北海道大)
原文宏・高野伸栄・加賀屋誠一
47 tdMの心理的方略”TFP”の効果継続性に関する研究 谷口綾子(北海道大)
原文宏・高野伸栄・加賀屋誠一
48 TFPの手続き簡略化による態度と行動変容に及ぼす影響 松村暢彦(大阪大)
谷村和則・新田保次
49 環境に関する協力行動が自動車利用の抑制に与える影響・効果に関する研究 高山純一(金沢大)
中山晶一朗・桶川真美
50 説得的コミュニケーションによる5号湾岸線利用促進の試み 西林基彦(阪神高速道路公団)
土居聡・藤井聡・大藤武彦
51 自動車免許非保有者に対するコミュニケーション実験 西中卓也(阪急電鉄)
藤井聡・北村隆一
52 甲府P&BR社会実験の課題とその評価 西井和夫(山梨大)
佐々木邦明・森川健
53 地方都市通勤バスの社会実験による効果と評価 松本昌二(長岡技術科学大)
内山徹・山井正樹
54 多様な施策パッケージによる交通社会実験の取組-豊中駅前地区の経験と課題 土井勉(千里国際情報事業財団)
 
55 tdMの社会実験と公共受容 藤井聡(東京工大)
 
56 道路交通需要予測における均衡配分の適用 毛利雄一(IBS)
 
57 均衡配分適用における課題と対応 高橋勝美(IBS)
 
58 発展的均衡配分の適用と課題 -車種別時間帯別配分- 吉田禎雄(インテルテック)
 
59 都市鉄道整備における費用負担スキームの比較分析 鈴木崇児(中京大)
宮城俊彦
60 MPECに基づく立地均衡分析 森杉雅史(名古屋大)
 
61 交通安全対策の組み合わせ最適化に対する免疫アルゴリズムの適用 秋山孝正(岐阜大)
小川圭一・寺嶋真穂
62 パレート改善を達成するハイブリッド・スキームの分析 赤松隆(東北大)
早崎俊和
63 動的最適化モデルによる道路整備と環境保全への効率的投資配分の検討 武藤慎一(大阪工大)
高木朗義・酒井祐輝
64 河川水質改善のための汚濁負荷削減策の効率的スケジュール 高木朗義(岐阜大)
武藤慎一・上村高大
65 最適制御MPECモデルによるフレックスタイム制度下の鉄道通勤・始業時刻分布の分析 吉村充功(広島大)
奥村誠
66 公共事業の段階的評価プロセスにおける事後評価のあり方 小路泰広(国土総合研)
 
67 公共事業の事後評価手法とその課題 長谷川俊英(UFJ総合研究所)
石川良文・太田勝久
68 広域幹線道路整備の事後評価 太田勝久(UFJ総合研究所)
石川良文・長谷川俊英
69 事後評価のためのモデル分析 -論点整理- 上田孝行(東京工大)
 
70 マクロ経済学に見る公共投資の意義 上田孝行(東京工大)
 
71 交通施設整備評価におけるマクロ計量モデルと一般均衡モデル 佐藤徹治(IBS)
武藤慎一・上田孝行
72 社会資本整備の世代間厚生分析-世代重複型応用一般均衡モデルの開発と応用- 小池淳司(鳥取大)
岩上一騎・上田孝行
73 インフラ会計の役割と方法論 小林潔司(京都大)
横松宗太
74 交通バリアフリー法の住民参加における計画・技術について 秋山哲男(東京都立大)
山田稔・三浦春菜
75 交通バリアフリー基本構想策定における当事者参加の点検調査実施事例 児玉健(日建設計)
松本長兵衛・稲岡
76 千葉市、柏市の交通バリアフリー基本構想等に関する市民参加の取り組み 伊藤将司(福山コンサルタンツ)
 
77 交通バリアフリー基本構想策定におけるワークショップ方式による住民参加に関する報告 轟修(オリエンタルコンサルタンツ)
山本幸久・新田保次・三星昭宏
78 市民の手でつくられる吹田市の交通バリアフリー 高橋富美(建設技術研究所)
宇野幸治・長野紀章・新田保次
79 複数の地区で高齢者,障害者によって実施された歩行点検調査についての事例報告 富安浩(オリエンタルコンサルタンツ)
轟修・三星昭宏・新田保次
80 藤沢市交通バリアフリー検討委員会における住民参加の取り組み 本田恵子(交通エコロジー財団)
秋山哲男・山田稔
81 守山市交通バリアフリー基本構想の策定における住民参加・当事者参加の取り組み 石塚裕子(八千代エンジニアリング)
三星昭宏・高木智史・藤田和宏
82 高齢者・障害者等へのアンケートに基づく鉄道施設重要度の分析手法 鈴木義康(日建設計)
三星昭宏・児玉健・野村貴史
83 高齢者・障害者の生活活動・交通行動分析のための手法とデータ需要 大森宣暁(東京大)
 
84 交通サービス水準の制約により潜在化した交通需要の分析 森山昌幸(広島大)
藤原章正・杉恵頼寧
85 潜在需要を考慮した交通バリアフリー計画の評価理論 佐藤寛之(京都大)
青山吉隆・中川大・松中亮治
86 短期的な改善を前提とした街路の歩行環境評価に基づく街路ネットワーク整備検討手法に関する研究 飯田克弘(大阪大)
塚口博司
87 ドイツにおける交通バリアフリーの整備手法 伊藤雅(和歌山高専)
 
88 高齢者・障害者のニーズを考慮した駅ターミナル評価に関する研究 北川博巳(東京都老人総研)
三星昭宏・児玉健・野村貴史
89 鉄道駅におけるエレベーター・エスカレーター整備の便益計測手法に関する検討 堀健一(三菱総研)
秋山哲男・磯部友彦・林山泰久・田中敬太郎
90 費用負担問題を考慮した市街地再生促進策に関する検討 高木朗義(岐阜大)
平光紀明
91 Optimal timing of infrastructure investment considering the synergy between transportation and urban development Sheilah A. GAABUCAYAN(東京工大)
上田孝行
92 市街地再生のための家屋の維持管理に関する意思決定モデル 榊原弘之(山口大)
 
93 ポスト右肩上がり時代の土地利用更新 紙田和代(東京大)
 
94 提言:密集市街地の再生へ向けて 村橋正武
 
95 都市再生推進に関する地下空間利用評価手法の研究 西田幸夫(熊谷組)
田中正・西淳二
96 地下空間を活用した都市再生に関する研究 金田一淳司(北海道大)
岸邦宏・佐藤馨一
97 地下施設建設事業における評価項目の体系化 関口佳司(関口景観研究所)
北村眞一
98 今後の地下街のあり方について 冨田 剛久(都市地下空間活用研究会)
西田幸夫
99 都市再生と地下空間利用―名古屋駅周辺に焦点を当てて― 鈴木達之(名古屋市)
早瀬満晴・櫻井拓也
100 首都圏の都市再生を促す地下利用プロジェクトの提案 内野善之(日本プロジェクト)
松岡泰彦
講演
番号
論文名 著者名(所属)
連名者
101 都市再生と地下空間 岸井隆幸(日本大)
大沢昌玄
102 災害調査の体系化に関する一考察 塚口博司(立命館大学)
塚本直幸・小谷通泰・飯田克弘・倉内文孝
 
103 災害情報の収集・提供におけるヴァーチャルリアリティ(VR)技術の適用性について 黒木紀男(ニュージェック)
 
104 都市交通戦略の近年の動向 山中英生(徳島大)
 
105 都市交通施策における事業評価 荻島尚之(横浜市)
長崎弘・小山光昭
106 都市交通施策の計画手法 井上唯文(札幌市)
片山貴美・筒井豊彦
107 都市構造および交通・民生施策による環境負荷削減の定量評価 桐山孝晴(国土交通省)
権藤公貴・片岡孝博
108 土地利用の誘導と規制を考慮した交通環境負荷の少ない都市構造に関する研究 吉田真紀(ライテック)
森本章倫・古池弘隆
109 物流からみた都市の環境負荷低減の考え方 森慶彰(東京商船大学)
苦瀬博仁
110 交通環境負荷とコンパクトシティに関する研究動向と課題 森本章倫(宇都宮大)
 
111 都市環境とコンパクト性のトレード・オフに関する研究 篠崎友紀(岡山大)
谷口守・阿部宏史
112 地方都市におけるコンパクトシティ実現のための居住誘導施策とその効果に関する分析 古澤浩司(群馬大)
杉本直・青島縮次郎
113 都市のマスタープランにおける都市将来像としてのコンパクトシティ 神谷和彦(武蔵工大)
中村隆司
114 交通アセスメントの概要とマニュアル化 久保田尚(埼玉大)
尾崎晴男・西宮良一・古明地哲男
115 交通アセスメントに用いる発生・集中原単位の比較 西宮良一(運輸政策研究機構)
古明地哲夫
116 大規模小売店舗立地法に基づくソフト的交通対策のシミュレーション分析 坂本邦宏(埼玉大)
広瀬一寿・久保田尚
117 大規模開発に伴う交通影響評価の空間的・時間的変化に関する研究 関達也(警視庁)
森本章倫・古池弘隆
118 今後の計画づくりへの第三者の参画 松浦正浩(三菱総合研究所)
 
119 PIのための人材育成プログラム 矢嶋宏光((財)計量計画研究所)
 
120 コミュニケーションからみたPI推進への発想 梅本 嗣((株)博報堂)
 
121 コミュニケーションツールとしてのVRの活用 加藤一郎(セテック)
 
123 緑地環境および大気環境の動態把握のためのLUCC予測モデルの開発 土井健司(香川大)
 
124 アジアのモータリゼーションと自動車排出ガス予測 廣田恵子(日本自動車研)
湊清之・土井健司
125 フィリピン地域間産業連関表を利用したエネルギー効率改善による環境負荷軽減の効果に関する分析 川島啓(政策科学研)
内山洋司・土井健司
126 メトロマニラにおける沿道SPMの観測と交通シミュレーション 岩倉成志(芝浦工大)
屋井鉄雄・平田輝満
127 途上国における公共交通の燃料転換施策とその影響-デリーを例に- 中川義也(パデコ)
小島宗隆・輪湖信一郎
128 ITSセンシング技術を活用した交通信号制御アルゴリズム 赤羽弘和(千葉工大)
桑原雅夫・越正毅
129 リアルタイム交通信号最適化制御 織田利彦(松下通信工業)
岩岡浩一郎
130 RONDO(ROlling-horizon based Dynamic Optimization of signal control),リアルタイム情報を用いた次世代信号制御方式 小林雅文(住友電気工業)
宇佐美勤・大田利文
131 一般道織込み部におけるコンフリクト分析と速度調整モデルの構築 宇野伸宏(京都大)
飯田恭敬・安原真史・菅沼真澄
132 高速道路合流部におけるミクロ交通流シミュレーションモデルの開発〜走行支援システムの評価に向けて〜 清水哲夫(東京大)
平岩洋三
133 ITS技術が流入部のサービス水準に及ぼす影響評価 喜多秀行(鳥取大)
原口晃・前田信幸
134 交通シミュレーションモデルの適用と課題 花房比佐友(熊谷組)
熊谷香太郎・永田尚人
135 都市内高速道路シミュレーションモデルにおけるパラメータの設定について 島崎雅博(パシフィックコンサルタンツ)
森内正寿、吉井稔雄、小根山裕之、森田綽之
136 ミクロ交通シミュレーションの適用事例と今後の開発課題 飯田祐三(中央復建コンサルタンツ)
森津秀夫・野寺寿雄・宇陀正志
137 ベンチマークデータを用いた交通流シミュレータの検証とその普及に向けた課題 澤 充隆(ドーコン)
中村仁紀・山本郁淳
138 OD交通量推定手法による現況再現 北岡広宣(豊田中央研究所)
寺本英二・小根山裕之・桑原雅夫
139 動的交通シミュレーションの再現性指標に関する適正性の考察 堀口良太(アイ・トランスポート・ラボ)
 
140 一般街路への迂回交通の評価を考慮した都市高速道路の渋滞シミュレーション 小川圭一(岐阜大)
秋山孝正
141 ニューラルネットワークを用いた都市高速道路における時系列流入交通量予測の適用性の検討 奥嶋政嗣(日本総合研究所)
大窪剛文・大藤武彦・土田貴義・秋山孝正
142 大規模ネットワークへの適用時に高い再現性を確保する動的ネットワークシミュレーションモデルの提案 吉井稔雄(高知工科大)
 
143 景観に配慮した野立広告物のあり方に関する研究 山本武志(日本海コンサルタント)
松本昌二・及川康
144 GISを利用した滋賀県の景観構造の分析について 田中みさ子(大阪産業大)
 
145 奈良平野における緑地景観の現状と課題 土橋正彦(大阪産業大)
 
147 歴史的街並みにおける景観形成活動の波及とプロセス-佐賀市柳町を事例として 金澤成保(大阪産業大)
 
148 ニューラルネットワークを用いた信号制御の自動最適化 三井達郎(科学警察研究所)
奥谷巖
149 ファジィ制御方式を用いた都市高速道路流入制御の検討 瀧日良治(岐阜大学大学院)
秋山孝正
150 信号交差点における左折交通に及ぼす横断歩行者の特性と定量化について 河合芳之(東京都立大学大学院)
鹿田成則・片倉正彦・大口敬
151 もしもしピット設置に対する利用者の評価 浜岡秀勝(秋田大学)
清水浩志郎・木村一裕
152 K&R車両の挙動分析に基づいた駅前広場運用代替案の評価〜バス交通円滑化の視点から〜 堀田紗絵子(日本能率協会総合研究所)
山川仁
153 歩行者事故から推定した運転者の視線に関する一考察 萩田賢司(科学警察研究所)
森健二
154 高度撮影時系列画像を用いた車両動態認識手法の開発 布施孝志(東京大学大学院)
清水英範・前田亮
155 都市内道路施設におけるITS(ETC技術)を活用した今後の新しい展望 中野雅弘(大阪産業大学)
 
156 プローブカーデータを活用した都市内一般道路のQ-V特性について 田宮佳代子(国土交通省国土技術政策総合研究所)
瀬尾卓也
157 都市整備事業の合理的推進のための財政シミュレーションシステム概念と実証的分析 森下剛志(立命館大学大学院)
春名攻・渡邉朋彦
158 米国における産業構造転換後の低・未利用地の再開発に係る政策展開 高橋 一樹(地域振興整備公団)
 
159 特定地域振興政策の政策効果に関する研究−産炭地域振興政策による各産炭地域の政策効果についてー 岩本 直(地域振興整備公団)
 
160 誤差の空間相関を考慮した線形回帰型地域予測に関する研究 井上 亮(東京大学大学院)
清水英範
161 サンク費用を考慮したプロジェクトの事前・再評価モデル 織田澤 利守(京都大学大学院)
小林潔司
162 対外直接投資が日本のマクロ経済に与える影響分析 松木 清徳(東北大学大学院)
稲村肇・石黒一彦
163 公共事業のイメージが事業に対する態度に与える影響 青木 俊明(東北工業大学)
松井健一・西野仁
164 交通施設のバリアフリー化に対する利用者意識構造分析−移動特性の異なるグループ間の比較− 磯部友彦(中部大学)
早川昌毅
165 社会的コミュニケーションにおける住民の学習行動 羽鳥 健史(京都大学大学院)
松島格也・小林潔司
166 区間整理事業における施工計画立案のための工事・移転順序の規則化 浅野 誠(玉野総合コンサルタント)
出口近士・吉武哲信
167 契約リスクと損害賠償 大西 正光(京都大学大学院)
大本俊彦・小林潔司
168 規制緩和による競争市場でのタクシー交通の運用条件 塚田 悟之(日本無線株式会社)
高田邦道
169 計画強度の異なる繁華街における街路構成の実態分析 小野 公嗣(東北大学)
平野勝也
170 写真調査によるダム空間の景観構造に関する研究 井出 康朗(国土交通省)
須田清隆
171 事象に着目した眺望景観に関するー考察 −軍事的知見を参照してー 星野 裕司(熊本大学工学部)
小林一郎
172 災害リスク低減に果たす情報の役割に関する一考察 塚本直幸(大阪産業大学)
 
173 災害リスクマネジメントと災害会計 横松宗太(鳥取大)
小林潔司
174 高規格堤防の洪水被害軽減便益評価法に関する研究 玉井 昌宏(大阪大学)
 
175 持続可能な都市の評価指標に関する基礎的研究−ヒューマニティー・タウンを目指して− 石井 裕介(大阪市立大学大学院)
日野泰雄・内田敬
176 一般廃棄物処理システムの計画モデルを用いた実証的研究 立花 潤三(立命館大学)
春名攻
177 廃棄物分析用の地域間産業連関勘定体系の提案 加河 茂美(国立環境研究所)
稲村肇・森口祐一
178 LRT導入による地域交通体系改善を目指した市民団体に関する考察−枚方・LRT研究会を中心として− 平田 暁彦(近畿大学大学院)
田畑喜功・三星昭宏
179 PI手法を用いた公共事業に関する事例調査について 友澤 隆則((株)富士建設コンサルタント)
白木渡・森下一男・二神透・井面仁志
180 PI参加者の行動および心理的現象等に着目したPIプロセスのチェックリストの提案 澤田 俊明(日本建設コンサルタント(株))
山中英生・大谷英人・角道弘文・門田章宏
181 既成市街地における敷地統合・建物更新を対象とした詳細シミュレーションシステムの構築 杉木 直(群馬大学大学院)
宮本和明・村田泰洋
182 GISを用いた地価形成要因モデルによる低・未利用地の有効利用の効果分析 伊東 大悟(徳島大学大学院)
廣瀬義伸・近藤光男・田中孝
183 地方都市郊外部における大規模農業公園開発をインパクトとする田園地域都市整備の方法論 藤本 尚也(立命館大学大学院)
春名攻・大谷武史
184 都市型エコ・ツーリズムに関する研究〜京都市を事例にあげて 森井 健策(株式会社新東通信)
笹谷康之
185 都市の魅力再考−「夜の魅力」の必要性と重要性− 大矢 正樹((社)システム科学研究所)
北村隆一
186 アクティビティの違いを考慮した都市の魅力形成における交通の寄与に関する分析 張峻屹(パシフィックコンサルタンツ)
玉置善生・黒水健・高野伸栄
187 普通自動車専用立体交差導入の評価に関する研究 小田 崇徳(日本大学大学院)
福田敦
188 代替燃料車のための燃料スタンドの配置に関する一考察 古屋秀樹(筑波大学)
石田東生・岡本直久・小畑晴嗣
189 首都圏駅前の交通結節機能の必要性と役割分担に関する基礎的分析 紀伊 雅敦((財)運輸政策研究機構)
 
190 PHSと自営アンテナを用いた位置補正に関する研究 鈴木 明宏(株式会社アイ・ティ・リサーチ)
西山良孝・中嶋康博・牧村和彦・田中利行
191 移動体通信機器を用いた歩行者交通行動のモビリティ指標化に関する基礎的研究 中嶋 康博((財)計量計画研究所)
西山良孝・矢部努・牧村和彦・田中利行
192 効果的なtdM施策の提案をにらんだAD調査の試み 黒水 健(パシフィックコンサルタンツ)
玉木博之・神馬強志・玉置善生・高野伸栄
193 右側通行する自転車利用者の危険度評価 濱崎大輔(佐賀大学)
清田勝・斎藤健治・渡辺義則
194 高齢者にやさしい自転車道整備基準を提案するための自転車操作分析と調査 斎藤 健治(佐賀大学)
清田勝・井上伸一・細谷聡
195 地方都市における自転車走行環境改善の効果計測に関する基礎的分析 恩賀 薫(前豊橋技術科学大学)
廣畠康裕
196 誘発交通を考慮した混雑地域における道路整備の利用者便益推定 円山 琢也(東京大学大学院)
原田昇・太田勝敏
197 Telecommunicatons and Activity System Relatonship Senbil Metin(京都大学大学院)
北村隆一
198 都市圏レベルの統合型利用者均衡配分モデルの実用化とtdM政策への適用に関する研究 三村 健太郎(株式会社長大)
森川高行
199 仁川国際空港におけるトランジット旅客流動に関する研究 大井 輝夫(パシフィックコンサルタンツ)
屋井鉄雄・権寧仁・KimBum-Ho
200 新幹線と航空が競合する都市間における交通機関選択モデルの構築 寺部 慎太郎(東京大学大学院)
加藤渉
201 統合型需要モデルを用いた高速鉄道プロジェクトの需要分析 時田 知典(パシフィックコンサルタンツ)
森川高行・倉内慎也・姚恩建
202 航路に関する安全性から見た評価方法の提案 樋口 直人(東北大学)
稲村肇
203 大手船社/アライアンスによるメガシップ導入の要因分析 石黒 一彦(東北大学大学院)
花岡伸也・小坂浩之・樋口直人
204 多地域一般均衡貿易モデルにおける地域間輸送費用の取扱方法の検討 石黒 一彦(東北大学大学院)
稲村肇
205 北陸新幹線敦賀以西のルート案に関する研究 西浦 智(東鉄工業株式会社)
波床正敏
206 都市間公共交通網の分析におけるゾーニングの影響に関する研究 波床 正敏(大阪産業大学)
池田篤司
207 豊橋市における路面電車の運行・利用実態の分析・評価と改善策に関する検討 小松 広和(株式会社岡谷組)
廣畠康裕
208 来街者の行動・意識から見た都心部街路空間の評価に関する研究
ー福井市トランジットモール等社会実験を事例としてー
堀井 茂毅(福井大学)
川本義海・川上洋司
209 都心部商業地区における歩行者回遊行動の分析 蔵方 博史(株式会社東神設計事務所)
山川仁・高見淳史
210 中心市街地のトランジットモール化が都市アクセス交通に及ぼす影響に関する研究
−福井駅前電車通りを事例としてー
川本 義海(福井大学)
松井達也・本多義明
211 コミュニティーバスに関する基礎的研究〜大阪市を事例として〜 永石 英介(近畿大学大学院)
三星昭宏
212 高齢者のゾーンバスシステムの評価に関する研究 元田 良孝(岩手県立大学)
田中綾
213 スクールバスとコミュニティバスの統合への取組と効果に関する研究 猪井 博登(大阪大学大学院)
新田保次・藤井嘉彦・東口真也
214 地方都市における自由目的交通の実態と公共交通改善策の効果に関する分析 LIMIV(豊橋技術科学大学)
廣畠康裕・大木健司
215 バス交通に関する自治体の取組の現状と計画情報の作成について 高野伸栄(北海道大学)
 
216 地方バス路線の特性分析に関する−考察 加藤 哲男(名古屋産業大学)
川本義海・本多義明
スペシャルセッション
講演
番号
論文名 著者名(所属)
連名者
800 VICSは生き残れるか? 溝上章志
 
801 合意形成の社会心理学 藤井聡
 
802 成熟社会における社会資本整備 廣畠康裕
 
803 都市間交通の分析と評価の課題 奥村誠
 
804 都市圏物流に関するビジョン・政策・官民のパートナーシップ 谷口栄一
 
805 土木計画学と国際協力 林良嗣
 
806 土木計画学の創生期と未来にむけて 鈴木聡士