JSCE

土木学会選奨土木遺産

<< トップページに戻る


平成29年度 土木学会選奨土木遺産 一覧

NO対象構造物受賞理由所在地竣工年
1石炭産業の電力化と高圧送電に応え、落差のある岩盤に竪坑を設けた落水方式を採用し、改修を経て地域に貢献し続ける水力発電所である。北海道夕張市1925(大正14)年(平成28年改修)
2街の発展に伴い橋の機能と景観を保った拡幅がなされ、八十年以上に渡り国道橋として活躍する、北海道内現存最古のゲルバー鈑桁橋である。北海道網走市1934(昭和9)年(昭和49年改修)
3関東大震災の復興橋梁として、土木と建築各々の大家となった山田守と成瀬勝武の設計により建設された鉄骨コンクリートアーチ橋である。千代田区~文京区1927年(昭和2年3月)
4ドライドックとしての希少性の他、製作ケーソン数は同方式で国内最大であり、近代横浜港の整備に大きく貢献した土木遺産である。横浜市1926(大正15)年
5トンネル掘削技術の進歩と貴重なループ線を今に伝え、谷川連峰を貫通して首都圏と日本海側を最短距離で結ぶ貴重な土木遺産である。群馬県みなかみ町~新潟県湯沢町1931(昭和6)年:清水トンネル等 1967(昭和42)年:新清水トンネル等
6現地産の石を極めて精巧に組んで作られた石積構造の堰堤であり、周囲の自然と調和した美しさを持つ貴重な土木遺産である。新潟県妙高市1921(大正10)~1934(昭和9)年
7昭和8年に架橋された県内では珍しい3連の下路式アーチ鋼橋であり、秩父往還の要所として地域で親しまれてきた土木遺産である。山梨県山梨市1933(昭和8)年
8英国製から米国製への移行期以降の輸入トラス2橋で、細身の鋼材の繊細さと煉瓦および石積による橋脚が歴史的風格を醸す土木遺産である。栃木県,群馬県渡良瀬川橋梁:1914(大正3)年頃 砥川橋梁:1896(明治29)年製、1946(昭和21)年転用 
9茨城県で最初に電源開発された水系にかかる発電所群で地域の近代化に貢献すると共に当時の建設技術を今に伝える貴重な土木遺産である。茨城県常陸太田市、日立市1908(明治41)年~1926(大正15)年
10大正10年に完成した清流・都幾川に架る埼玉県最初のRCアーチ橋であり、景観上も優れた貴重な土木遺産である。 埼玉県ときがわ町1921(大正10)年竣工, 1987(昭和62)年度高欄改装。
11熊野灘に注ぐ市木川の河口部分に建設された防潮堤と橋を兼ねた、石材と煉瓦による構造物で、高潮被害から地域を守り続けた施設である。三重県南牟婁郡1918(大正7)年
12徳川家康による駿府城拡張工事に伴い,駿府の町を安倍川の洪水から守るために設置され、今でも洪水防御機能を有した貴重な御囲堤である。静岡市1600(慶長年間)年頃
13長野市の水道創設事業で建設された市内最古の浄水場であり、後の水道普及に大きく貢献し、建設後100年経った今も稼働する施設である。長野市1915(大正4)年
14英国技師ブラントンによる石造洋式灯台であり、地元古座川産の宇津木石を用いたわが国初の回転式洋式灯台である。和歌山県東牟婁郡1870(明治3)年
15意匠的特長に富む高地区配水池,奈良阪計量器室などいずれも創設時の姿を残し、一部は店舗に転用され現存する貴重な水道遺産群である。奈良県奈良市、京都府木津川市1922(大正11)年 市坂ポンプ所のみ1957(昭和32)年
16交通の難所、船尾山を貫通すべくそれぞれ路面電車軌道及び県道の一部として開削され、紀州青石を用いた秀逸な意匠をもつ土木遺産である。和歌山市鵬雲洞:1911(明治44)年 毛見隧道:1925( 大正14)年
17独自規格の煉瓦によって構築され、スプリングラインに石材の挿入された特徴的構造をもつ歴史的鉄道橋である。滋賀県米原市1889(明治22)年
18国内で3連現存するラチス桁のうちの2連であり、架設当時の橋梁工事事情を現代に伝える貴重な土木遺産である。兵庫県豊岡市,兵庫県美方郡竹野川橋りょう:1911(明治44)年(ラチス桁部分は1920(大正9)年) 田君川橋りょう:1912(明治45)年(ラチス桁部分は1922(大正11)年)
19本区間内(明治10年全通)に設けられた煉瓦造の鉄道橋及び隧道群であり、欠円アーチやねじりまんぽなどの特徴をもつ土木遺産群である。京都府,大阪府1875(明治8)年(樋口・円妙寺・馬場丁川暗渠,後藤川避溢橋,藪ヶ花跨道橋) 1876(明治9)年(尻戸三避溢橋,門ノ前跨道橋,奥田ノ端暗渠,七反田・老ヶ辻拱渠) 
20戦後の有料道路に架設された道路橋であり、構造用強度材としてアルミニウム合金が使用された貴重な土木遺産である。神戸市北区1961(昭和36)年
21通行が困難であった峠道を改良するために施された石畳で、当時の様子が偲ばれる」土木遺産である。鳥取県岩美町1812(文化9)年【駟馳山峠】, 1892(明治25)年以前【蒲生峠】
22佐那河内村・神山町と徳島市との物流・交流を支えてきた現役の隧道で,煉瓦積みと飾り石など丁寧な意匠が施された貴重な土木遺産である。徳島県名東郡,神山町長崎市1923(大正12)年
23当時の我が国3番目の大規模港湾事業である第1次長崎港改修事業の唯一の遺構であり、その設計や調査には、デ?レーケが携わるなど、歴史的にも貴重な土木遺産である。長崎県長崎市1889(明治22年)年

土木学会選奨土木遺産選考委員会

© Japan Society of Civil Engineers