JSCE

土木学会選奨土木遺産

トップページに戻る

<< prev.    一覧リストに戻る    next >>

船川港第一船入場・第二船入場防波堤

秋田県/男鹿市

船川港第一船入場・第二船入場防波堤

  • 外国貿易港へと踏み出す機能強化の中で施工された防波堤群は、間知石積み工法による大正・昭和初期の技術の面影を留める土木遺産です。
  • 竣工年:第一、大正3年(1914年)
    第二、昭和5年(1930年)
  • 平成23年度選奨土木遺産

<< prev.    一覧リストに戻る    next >>


© Japan Society of Civil Engineers