鉄道工学連絡小委員会について

 

 

 

1.設立目的

  「鉄道工学連絡小委員会」は、環境、エネルギーそして経済性の面で今後その技術的進展が大いに期待される鉄道技術の発展に向け、技術者の連携を強化し鉄道の性能の保持と向上に関する研究を推進することを目的とします。

構造工学委員会においては、鉄道工学連絡小委員会、鉄道力学小委員会および鉄道構造小委員会が計9年間活動し、別紙のように、鉄道工学シンポジウムの開催、各研究会活動など、多大な実績を挙げました。特に、鉄道構造関係の国際会議については、国内に窓口がなく個別に対応しておりましたが、2000年に「車輪レールの接触力学」シンポジウムを機械学会と共催し、「ただ乗り」状態を解消することができました。このように活動実績を重ねる中で、鉄道は構造、計画と土木の各分野にまたがる分野横断的な性格を有することから、結果的には見送られたものの「鉄道システム工学委員会」設立を20049月に申請いたしました。

現在、京都議定書の発効などを受けて環境負荷の小さい鉄道の魅力向上は一層喫緊の課題となり、コスト低減や機能向上の新たな取り組みと、マネジメントや政策との新たな連携が模索されております。また台湾新幹線のように、わが国の鉄道技術が海外から注目され、将来の戦略商品に育つ可能性を有しており、このために専門領域をこえた総合的見地に立ち、国際的視野を持った技術者が求められております。

昨年の中越地震においては、新幹線営業列車初の脱線が大きな衝撃を与えましたが、一方で人身事故に至らなかったことは大地震における安全・安心に光明を与えるもので、これらの原因を分析し今後に発展させる必要があります。また、復旧工事の迅速さと耐震補強の成功は、土木技術者全体に対する社会的信用を高めるものであり、この背景にある技術力と協力体制の持続発展についても、学会が貢献できるところが大きいと考えます。

このような背景を踏まえ、社会基盤のひとつである鉄道の機能を一層向上することが、土木学会に課せられた使命であるとの認識から、構造力学にその基礎を置きながら、分野横断的な連携を強化することをめざし、連絡小委員会として設立されました。

鉄道工学連絡小委員会は、鉄道工学シンポジウム、鉄道技術・政策連合シンポジウム(J-Rail)などにおける土木学会内外と共同した研究企画を推進しております。また、上記の背景を踏まえ①減圧高速鉄道を含む新形式鉄道②地震時の鉄道の安全と安定③線路研究に関する情報基盤の整備、に関する調査・研究の推進などを通じて、議論を深度化し、学会内外の研究者に新たな研究の発想を提供することを企図いたします。

 

2.活動内容

1)鉄道研究に関する土木学会内外との連携

①鉄道工学シンポジウムの開催

鉄道工学シンポジウムは、構造工学委員会鉄道工学小連絡委員会が開催し、実務者と大学研究者が鉄道構造に関する専門的研究を分野横断的に発表し意見交換する唯一の場として、その地位を確立しています。鉄道工学連絡小委員会は、従来の査読つき論文・報告の発表に加え、重要性の高い課題に関する講演と討議を開催し、新たな研究テーマの提起を行っています。

       論文・報告の公募(査読を行う)

       特別講演、招待講演の実施

       各研究会活動の成果報告

       指定テーマ討議の開催

②鉄道技術・政策連合シンポジウム(J-Rail

当シンポジウムは、機械学会、電気学会との共催(交替で主催)により、1994年より開催されています。分野別の研究発表に加え、専門分野をこえた総合的な特別セッションを前回より実施しています。この企画自体が分野横断的な調査・研究といえるものであり、計画系研究者および他学会と討議を積み重ね、共同して推進します。

(2)各研究会活動

①減圧高速鉄道を含む新形式鉄道

②地震時の鉄道の安全・安定

③線路研究に関する情報基盤の整備

などについて、小委員会の内外から委員を募り、調査・研究を推進します。また、研究小委員会としての設立を支援します。

 

3.委員構成

委員長は大学の専門家、副委員長は実務経験者とします。

小委員会設置承認後ただちに、土木学会誌等において委員の公募を行いました。新たな委員の応募は随時受け付けます。

       委員長   阿部 和久   新潟大学

       副委員長  高井 秀之   鉄道総合技術研究所

       幹事長   小西 俊之   JR東日本

 

 

第2回鉄道工学シンポジウムの開催おし

 

鉄道工学小委員会、鉄道力学小委員会、鉄道造小委員会を通じた活動実績へ