MENU
委員会トップ
委員会の概要
委員一覧
活動報告
土木学会論文集A2特集号
応用力学シンポジウム
小委員会
応用力学フォーラム
応用力学講演会
応用力学 Wikipedia
第18回(2015年度)応用力学シンポジウム
開催日: 2015年5月16日(土)・17日(日)
会 場: 金沢大学角間キャンパス
       自然科学本館・自然科学大講義棟(石川県金沢市)

主 催: 土木学会応用力学委員会
組 織: 応用力学委員会幹事会同シンポジウム実行小委員会

◆重要なお知らせ◆
  • シンポジウム会期中の5月16日(土),17日(日)の2日間金沢駅東口 ― 金沢大自然研前(会場最寄りバス停)の区間で,朝2便(大学行きのみ),夕2便(金沢駅行きのみ)のバス臨時便(北陸鉄道バス)を運行します.
  • バス臨時便の運行時刻表は,こちら
  • 講演プログラムを公開しました.(2015.05.01差替 <-- 2015.04.17公開)
         全体版
         1日目(若手ワークショップ)
         2日目(シンポジウム・ポスターセッション,特別講演)
         会場案内・アクセス
         バス臨時便(金沢駅 ― 金沢大自然研前)時刻表
  • ポスターセッション講演要領を公開しました.(2015.04.17)
         ポスター発表される方は,こちらからご確認ください.
  • 講演申込webサイト: 講演申込は終了しました.ありがとうございました.
  • 査読論文投稿webサイトは,5月下旬にopenの予定です.(2015.03.22)
  • 講演申込締切: 2015年 3月13日(金) 23時59分
    2015年3月20日(金)17時
          (期日厳守のこと)
    ※申込期間を3月20日(金)17時まで延長しました.再延長はいたしません.
    ※概要原稿(2ページ)を提出してください.
    ※シンポジウム(若手ワークショップを含む)にて講演発表した論文のみ,土木学会論文集A2特集号の投稿論文として受け付けます.
    第18回応用力学シンポジウム: 2015年5月16日(土)・17日(日)
    ※1日目:「若手ワークショップ」
    ※2日目:通常の「シンポジウム」(口頭・ポスター)
    講演プログラム
    ポスターセッション講演要領
    査読付き論文の投稿締切: 2015年6月23日(火) 17時
    査読報告の締切: 2015年8月26日(水)(予定)
    査読結果の通知: 2015年9月25日(金)(予定)
    修正原稿の提出締切: 2015年10月23日(金)(予定)
    ※必要に応じて再査読を行ないます.
    論文の最終登載可否の決定: 2015年12月中旬
    土木学会論文集A2(応用力学)
                 特集号の発刊:
    2016年2月(予定)

     応用力学シンポジウムは,年に1回開催される研究発表会です.力学が細分化する中で,応用力学という横糸で全部門を横断した先端的研究を集め,幅広い力学研究の動向を確かめ合うことがシンポジウムの目指すところです.
     2013年(第16回)までは土木学会全国大会の前日(9月)に開催されてきましたが,昨年(第17回)から開催日を変更し,5月に開催することになりました.2日間の開催とすることで時間的な拘束を緩めることで,パラレルセッション数を減らし,シンポジウムの趣旨でもある幅広い分野の研究者が自由な討論ができるようなシンポジウムへと変更しました.また,これまでは事前にフルペーパー査読を行い,掲載可となった論文だけをこのシンポジウムにて発表していましたが,まずは先行して幅広い多くの発表を受け付け,その後,フルペーパー査読を実施する方針へと転換しております.
     皆様の多数のご参加をお待ちしております.

     本論文集のおおよその編集日程は,次の通りです.
     まず,講演申込として,2ページの講演概要原稿を3月上旬までに提出していただき,5月中旬に開催される第18回応用力学シンポジウムにて,口頭またはポスター形式の講演発表をしていただきます.
     講演発表した内容は,シンポジウム終了後の6月下旬までに査読付き論文集である土木学会論文集A2(応用力学)特集号に投稿することができます.なお,査読付き論文の投稿は,応用力学シンポジウム(若手ワークショップを含む)における1講演につき1件とします.
     ご投稿いただいた論文は3名の査読者によるフルペーパー査読の後,9月中旬に開催される論文集編集小委員会を経て登載に関する判定が行われます.修正依頼がある論文は,修正原稿を10月下旬に提出していただき,再度12月上旬に開催される論文集編集小委員会を経て最終的な登載の可否判定を行います.
     なお,論文集はJ-stageに公開されますが,閲覧するには土木学会論文集を購読していただく必要がありますのでご注意下さい.

    講演申込締切: 2015年 3月13日(金) 23時59分
    2015年3月20日(金)17時
    第18回応用力学シンポジウム: 2015年5月16日(土),17日(日)
    ※1日目:「若手ワークショップ」
    ※2日目:通常の「シンポジウム」
    査読付き論文の投稿締切: 2015年6月23日(火) 17時
    査読報告の締切: 2015年8月26日(水)(予定)
    査読結果の通知: 2015年9月25日(金)(予定)
    修正原稿の提出締切: 2015年10月23日(金)(予定)
    論文の最終登載可否の決定: 2015年12月中旬
    土木学会論文集A2(応用力学)
                   特集号の発刊:
    2016年2月(予定)

     シンポジウムでの講演は,所定の様式で作成した講演概要原稿(A4・2ページ)を添えて,申込締切日時までに投稿用webサイトよりお申込みください. なお,講演者1名につき講演発表は1件とさせていただきます.
     また,今回のシンポジウムより,通常の「シンポジウム」に加えて,新たに「若手ワークショップ」を設けます. お申込みの際には,これらの2つの講演区分から1つを選択していただきます.

      ・講演概要申込受付開始 2015年2月12日(木)
      ・講演概要申込受付締切 2015年3月13日(金) 23時59分
                     →2015年3月20日(金)17時(期日厳守)
      ・講演申込webサイト: 申込は終了しました.ありがとうございました.

     以下に,各講演区分の趣旨と申込方法を示します.

    ○「シンポジウム」
     それぞれの研究対象に沿って部門分けをして講演・論文を募集しています.なお,この部門はフルペーパー査読時の査読者選択の重要な情報となります.概要原稿提出時には,部門のキーワードを参考にして,適切な部門を選んでお申込みください.ただし,シンポジウム開催時のプログラムは,シンポジウムの趣旨の通り,分野横断型の幅広い議論をするために申込部門とは異なるセッション作りを行いますので,予めご承知おきください.
     申込部門の選択以外に,発表形式のご希望もお知らせいただきます.「シンポジウム」は2日間の開催で,口頭発表は1件あたり20分を予定しております. 昨年より,シンポジウム中の議論を活性化するためにもパラレルで実施する口頭発表の会場を集約しております.このために,ポスター発表を導入いたしました.

     ・第18回シンポジウムでもポスターセッションを実施します.ポスター発表にまわっても構わない場合には,ぜひ「口頭発表(ポスター発表も可)」をご選択ください.

     ・ポスターセッションの講演要領は,こちらでご確認ください.

     ・申込・投稿部門とそのキーワードはこちらで確認できます.
     

    ○「若手ワークショップ」
     シンポジウムの1日目は,若手研究者(40歳以下を目安),および博士課程学生(進学予定の修士学生を含む)を対象者とした「若手ワークショップ」を開催します.申込方法は上記「シンポジウム」と同様ですが,お申込み時に選択していただく必要があります.下記の趣旨にご賛同いただける方は是非「若手ワークショップ」にお申込みください.
    (設置の趣旨)  応用力学は,分野に捕われず力学といった共通言語で分野を横断した学際的な議論が重要な推進力となります.そのためには若手研究者から,お互いの研究の垣根を越えた交流と,それによって生まれる新しい研究領域の開拓が不可欠であると考えています.そこで,研究発表とディスカッションを通じて,お互いの知見を広めるとともに,今後の研究方針に役立てることを目指したワークショップを開催する運びとなりました.分野間の交流を目的としているため,1部屋で開催し,発表時間は一人30分を予定しています.

     講演概要原稿は,所定の様式でA4・2ページにまとめたものを,講演申込時にpdfファイル形式(ファイルサイズは5MBを上限とする)でご提出いただきます. なお,講演概要の分量および様式は,上記2つの講演区分で同一となります.原稿の作成例,およびテンプレートは以下の通りです.

     ・講演概要原稿の作成例: Adobe pdf形式(日本語版英語版

     ・講演概要原稿のテンプレート: MS Word形式(日本語版英語版

     ※2014年版から若干の変更がございます.

    (PDFファイル作成時の注意点)
    印刷した場合のページ数A4判タテ型・2ページに収まるようにしてください.
    ・概要集編集の際の障害となりますので,PDFファイル作成時にパスワードの設定は絶対に行わないでください.
    ・PDF 化にあたっての解像度の設定は制約を設けていません.ファイルサイズの上限(5MB)に収まるように調整してください.

     通常の「シンポジウム」,「若手ワークショップ」の1件あたりの講演時間は,以下の通りとします.

      ・通常の「シンポジウム」
         口頭発表: 発表時間20分(予定)
         ポスター発表: ポスターセッション講演要領のページでご確認ください.

      ・「若手ワークショップ」
         口頭発表: 発表時間30分(予定)

  • 第18回応用力学シンポジウムの講演プログラムを公開しました.(2015.04.17)
         全体版
         1日目(若手ワークショップ)
         2日目(シンポジウム・ポスターセッション,特別講演)
         会場案内・アクセス
         バス臨時便(金沢駅 ― 金沢大自然研前)時刻表

     会期中,会場にて参加申し込みを受付けます.事前申込みはありません.
     なお,ご参加の際には,下記参加費をいただきます. お支払いいただいた参加費で,応用力学シンポジウムの2日間の会期中,懇親会を除くすべての行事に参加できます.

     ・講演者
        一 般, 学 生:8,000円
           (講演概要集USB付き,口頭発表・ポスター発表ともに同額とします.)

     ・講演なし参加者
        一 般:8,000円(講演概要集USB付き),
        学 生:3,000円講演概要集USBなし

    上記参加費は,フルペーパー査読論文の投稿料を含みません.

     平成27年度・第18回応用力学シンポジウムは,金沢大学角間キャンパス 自然科学本館・自然科学大講義棟(石川県金沢市)で開催します. 会場へのアクセスは金沢大学ホームページからご確認ください.
     会場内の部屋割り等の詳細情報は,こちらからご確認ください.

     なお,シンポジウム会期中の5月16日(土),17日(日)の2日間金沢駅東口 ― 金沢大自然研前(会場最寄りバス停)の区間で,朝2便(大学行きのみ),夕2便(金沢駅行きのみ)のバス臨時便(北陸鉄道バス)を運行します. バス臨時便の運行時刻表は,こちらでご確認ください.

     第18回応用力学シンポジウム(通常の「シンポジウム」,「若手ワークショップ」)での講演発表終了後,1講演につき1件の論文(標準8または10ページ,12ページを上限)を土木学会論文集A2(応用力学)特集号の投稿論文として受け付けます
     ご投稿いただいた論文は,3名の査読者によるフルペーパー査読の後,9月中旬に開催される論文集編集小委員会を経て登載に関する判定が行われます.修正依頼がある論文は,修正原稿を10月下旬に提出していただき,再度12月上旬に開催される論文集編集小委員会を経て最終的な登載の可否判定を行います.
     なお,論文集はJ-stageに公開されますが,閲覧するには土木学会論文集を購読していただく必要がありますのでご注意下さい.

     また,土木学会論文集A2(応用力学)特集号への査読付き論文の登載に際しては,論文1編につき40,000円の投稿料をいただきますので,ご承知おきください.

     土木学会論文集A2(応用力学)特集号の投稿要領,執筆要領,および査読要領は,2015年5月中旬までに応用力学委員会ホームページにて公開の予定です.

     土木学会応用力学委員会
     E-mail:AMC_SymOffice@jsce.or.jp
     ※お問い合わせ時には,必ず電話番号をご記入ください.
     ※このアドレスでは,講演申込は受け付けませんので,ご注意ください.

     

     これまで開催された応用力学シンポジウムのプログラム,および査読付き論文集(応用力学論文集,土木学会論文集A2(応用力学)特集号)は以下の通りです.

    第17回応用力学シンポジウム 沖縄県
    中頭郡西原町
    2014.5.10
        5.11
    プログラム 論文集
    第16回応用力学シンポジウム 千葉県
    柏市
    2013.9.3 プログラム 論文集
    第15回応用力学シンポジウム 名古屋市 2012.9.4 プログラム 論文集
    第14回応用力学シンポジウム 松山市 2011.9.6 プログラム 論文集
    第13回応用力学シンポジウム 札幌市 2010.8.31 プログラム 論文集
    第12回応用力学シンポジウム 福岡県
    春日市
    2009.9.2 プログラム 論文集
    第11回応用力学シンポジウム 仙台市 2008.9.9 プログラム 論文集
    第10回応用力学シンポジウム 広島市 2007.9.11 プログラム 論文集
    第9回応用力学シンポジウム 京都市 2006.9.19 プログラム 論文集
    第8回応用力学シンポジウム 東京都
    文京区
    2005.9.6 プログラム 論文集
    第7回応用力学シンポジウム 名古屋市 2004.9.11 プログラム 論文集
    第6回応用力学シンポジウム 徳島市 2003.9.23 プログラム 論文集
    第5回応用力学シンポジウム 札幌市 2002.9.24 プログラム 論文集
    第4回応用力学シンポジウム 熊本市 2001.10.1 プログラム 論文集
    第3回応用力学シンポジウム 仙台市 2000.9.20 プログラム 論文集
    第2回応用力学シンポジウム 広島市 1999.9.20 プログラム 論文集
    第1回応用力学シンポジウム 神戸市 1998.10.7 プログラム 論文集

    ※論文集バックナンバーは土木学会学術論文等公開ページで公開しています.