MENU
委員会トップ
委員会の概要
委員一覧
活動報告
土木学会論文集A2特集号
応用力学シンポジウム
小委員会
応用力学フォーラム
応用力学講演会
応用力学 Wikipedia
各賞歴代受賞者

土木学会論文集A2分冊(応用力学)特集号 論文査読票
土木学会応用力学委員会 応用力学論文集編集小委員会

必ず,ASCIIテキストファイル(拡張子:.txt)あるいはMicrosoft Word形式のファイル(拡張子:.doc)にて, 「査読者専用ページ」(7月上旬開設予定) から返送(アップロード)してください.

■ 査読票サンプル
 以下,査読票の様式です.(txt形式

論文番号:
  1-234

論文題目(本文と同じ言語):
  ○○に関する研究

第一著者:
  応山登[Noboru OUYAMA]

全体講評(判定に至った理由の著者および編集小委員会への通知):
[評価の根拠を必ず書いてください.この部分は,論文集編集小委員会が最終的な総合評価をするための手がかりとさせていただきます.査読者からのコメントとしてそのままの文章が著者に戻りますので文言にご留意下さい.]
  この論文では,これまで困難とされていた云々.....したがって,ここでは....ならば....ということを総合評価するに....と判断したい.

修正意見(受理論文の著者への意見・コメント):
[論文の判定にかかわらず,気が付いた点を必ず列挙してください.修正の意図が 誤解無く通じるように,詳しく書いてください.可と判定された場合には,著者にそのままの文章が戻りますので文言にご留意下さい.]

  1. 全体:句読点の入り方のおかしな所とか,随所にコンマと読点の混用が見られる.修正して欲しい.
  2. p.2左段式(1):これは○○によって,△▲理論を元に誘導されたものと等価であるが,その物理的解釈において,著者と○○の表現に相矛盾する部分がある.また○○の原著を引用しておられない.この△▲理論との関係について,加筆修正し,貴研究の位置付けをもう少し明確にすべきである.
  3. p.3図--3:本文とフォントが異なり,また定義の無い記号,α,Γ等が多数ある.修正が必要.