ここから本文

第10回 東北地方の橋梁保全に関するシンポジウム
〜橋梁保全シンポジウムの10年の歩みとこれから〜

定員に達しましたので申込を締切りました。
ご応募ありがとうございました。
開催要旨
2012年12月に発生した笹子トンネルの崩落事故以来、橋梁、道路施設全般のみならず、インフラ全般についての維持管理の重要性が急激に増加した。しかしながら、インフラの維持管理に関して実施されている各地での様々な取組みが進みつつある一方で、高度経済成長期に大量に整備されたインフラの高齢化は急速に進んでおり、従来までの対処療法的管理からの脱却が図れないでいる管理者も多い。
 特に、2013年度にメンテナンス元年を迎え、その翌年となる2014年に「最後の警告」を受けて以来、インフラの維持管理に関しては、産官学の技術や知識を総動員した「総力戦」として取り組むことが強く望まれている。さらに、インフラ維持管理に関しては、道路メンテナンス会議をはじめ、インフラメンテナンス国民会議や戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の取組みも精力的に開始されている。
 このような観点から、今回のシンポジウムでは、東北地方の各県で実施されているインフラ維持管理の産官学連携の取組み状況を紹介して頂くとともに、インフラを的確に維持管理するための今後の方策等について、東北地方としての連携の可能性等を視野に置きながら、それぞれの分野に精通している各位から話題提供を頂戴することとした。
開催日
平成31年1月30日(水)13:30〜17:00

会 場
仙台国際センター会議棟 白橿
(〒980-0856仙台市青葉区青葉山無番地)
※ 地下鉄東西線「国際センター」駅下車、徒歩1分
http://www.aobayama.jp/

定 員
200名(定員に達し次第、締切らせて頂きます)
参加費
無料(配布資料代として1,000円を別途申し受けます)
申込方法
下記参照
プログラム
■講演1 「道路メンテナンス会議の取組み」

 松井 幸男 氏
 (国土交通省 東北地方整備局 道路部
  道路保全企画官)

■講演2 「i-Constructionの取組み」

 亀井 督悦 氏
 (国土交通省 東北地方整備局 企画部 技術管理課長)

■講演3 「インフラメンテナンス国民会議
     東北フォーラムの取組み」

 石川 雅美 氏
 (東北学院大学 工学部 環境建設工学科 教授/
  インフラメンテナンス国民会議 東北フォーラム
  リーダー)

■講演4 「SIPプロジェクトの成果と今後」

 若原 敏裕 氏
 (内閣府戦略的イノベーション創造プログラム
  (SIP)インフラ維持管理・更新・マネジメント
  技術サブプログラムディレクター)

■講演5 「SIP・地域実装チーム(東北)の取組み」

 久田 真 氏
 (東北大学大学院 工学研究科 教授/
  東北大学大学院工学研究科インフラ・マネジメント
  研究センター センター長)

■講演6 「橋梁保全シンポジウムの10年の歩みと
     これから」

 久田 真 氏
 (東北大学大学院 工学研究科 教授/
  東北大学大学院工学研究科インフラ・マネジメント
  研究センター センター長)
 
※本シンポジウムは土木学会CPDプログラム認定を受けています(認定番号:JSCE18-1381 単位数:3.2単位)
主 催
公益社団法人土木学会東北支部
共 催
東北大学大学院工学研究科インフラマネジメント研究センター、国土交通省東北地方整備局、
インフラメンテナンス国民会議東北フォーラム、
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、
仙台市、一般社団法人東北地域づくり協会
後 援
公益社団法人日本技術士会東北本部、
公益社団法人地盤工学会東北支部、
公益社団法人日本コンクリート工学会東北支部、
公益社団法人プレストレストコンクリート工学会、
一般社団法人日本建築業連合会東北支部、
東北建設業協会連合会、
一般社団法人建設コンサルタンツ協会東北支部、
一般社団法人プレストレスト・コンクリート建設業協会東北支部、一般社団法人日本橋梁建設協会東北事務所、
一般社団法人東北測量設計協会、
一般社団法人日本橋梁・鋼構造物塗装技術協会、
東北電力株式会社、東日本高速道路株式会社東北支社、
東日本旅客鉄道株式会社仙台支社
定員に達しましたので申込を締切りました。

※申込後に返信メール(参加申込み確認メール)が届きます。完了通知が届かない場合には、支部事務局までご連絡ください。
※申込後の返信メール(参加申込み確認メール)が参加券となりますので、当日はプリントアウトしてご持参ください。

■申込・連絡先

公益社団法人 土木学会東北支部
〒980-0014 仙台市青葉区本町2-5-1 オーク仙台ビル3階
TEL:022-222-8509 FAX:022-263-8363

ページ上部へ